1. 【公式】シーボディ-SiBody
  2. Beauty Tips Top
  3. コラム
  4. 【応急処置】うっかり日焼けしたらやっておきたいアフターケア方法

【応急処置】うっかり日焼けしたらやっておきたいアフターケア方法

「日焼けで肌が赤くなってヒリヒリ痛い!」

気をつけていても、うっかり日焼けしてしまうことがありますよね。

日焼けをしてしまったら、早めにアフターケアをすることが大切です。

今回は、日焼けをしたその日のケア方法と翌日からのケア方法、日焼けを繰り返さないための対策を詳しく解説します。

編集部おすすめのシーボディ「イルコルポ」の日焼けケアアイテムも紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

日焼けをしたらどうすればいいの?

日焼けをしたときには、なるべく早く対策をして肌へのダメージを抑えましょう。

日焼け後の正しいアフターケア方法を解説します。

 

冷やす

日焼けをすると、肌が赤くなってヒリヒリと痛みを感じることがあります。これは、紫外線によって皮膚が火傷している状態です。

まずは、濡らしたタオル、氷または保冷剤をタオルにくるんだものを肌に当てて、しっかりと冷やしてください。

冷やしても炎症がひかないときや、すでに水ぶくれができている場合はすぐに皮膚科を受診しましょう。

 

保湿する

日焼けした肌は水分が奪われやすい状態です。火照りが治ったら肌へうるおいを与えるために化粧水やクリームなどでしっかりと保湿をしましょう。

炎症を起こした直後の肌は敏感になっているので、敏感肌用のスキンケアや抗炎症成分を配合したボディケアアイテムを使うのがおすすめです。

 

水分補給をする

外側からの保湿だけでなく、しっかりとお水を飲んで内側からも水分補給をしましょう。

紫外線を浴びた肌は熱がこもって水分が蒸発しやすいので、いつもより多めの水をこまめに摂取するように心がけてくださいね。

 

湯船に浸かるのは避ける

日焼けした肌は刺激に弱くなっているので熱いお湯はNGです。日焼けした当日は肌に負担をかけないように湯船に浸かるのは避けましょう。

身体を洗う時は、肌に刺激の少ないタイプの洗顔料・ボディソープ・クレンジング剤などを使って、40℃以下のぬるま湯で優しく流してください。

肌の乾燥を防ぐために、お風呂上がりはしっかりと保湿をしましょう。

 

よく寝る

眠っている間は、細胞の修復や再生をする成長ホルモンが多く分泌されます。

日焼けによってダメージを受けた肌を回復するために、睡眠をきちんと取るようにしてください。

また、紫外線を多く浴びると活性酸素の影響を受けて免疫力が低下する可能性があります。紫外線を浴びた後は体調を崩しやすいのでしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

 

日焼け後翌日からのケア方法

日焼けした肌を守るには翌日からのアフターケアも欠かせません。意識的に行いたいケア方法を解説します。

 

紫外線対策を行う

一度日焼けした肌はダメージを受けやすくなっているため、さらに日焼けしないように紫外線対策をするのが重要なポイントです。

外出時には日焼け止めを塗り、長時間日の当たる場所にいるのは避けましょう。UVカット効果のあるカーディガンやストール、帽子を活用するのも効果的ですよ。

 

ビタミン豊富な食べ物で栄養をとる

紫外線対策には、「ビタミンC」・「ビタミンE」・「ビタミンA」などのビタミンや、カロテノイドという色素栄養素のひとつ「リコピン」を摂取するのがおすすめです。

これらの成分には抗酸化作用があるので、日焼けによる肌ダメージを軽減する効果が期待できます。

それぞれの栄養が多く含まれる食べ物をチェックしてみましょう✔︎

 

【ビタミンCが多い食べ物】  いちご・レモン・アセロラジュース・ブロッコリー・キャベツなど

 

【ビタミンEが多い食べ物】  ナッツ類・かぼちゃ・大豆・アボカド・紅花油など

 

【ビタミンAが多い食べ物】  レバー・人参・うなぎ・シソ・モロヘイヤなど

 

【リコピンが多い食べ物】  完熟トマト・スイカ・柿など

緑黄色野菜や魚、肉、果物などをバランスよく摂取して、日焼け対策・美肌ケアに効果的な食事をしましょう。

 

日焼けを繰り返さないための対策方法

日焼けを繰り返すと肌ダメージを蓄積してしまいます。美肌をキープできるように日焼け対策を実践してみましょう。

 

美白化粧品を使用すること

美白化粧品にはメラニンの生成を抑えてシミ・くすみを防ぐ効果のある成分や、肌のターンオーバーに働きかける成分が配合されてものが多くあります。

特におすすめなのが、美白作用に優れたビタミンC配合アイテムです。

 

日焼けが気になるときは、美白ケアができる基礎化粧品やボディクリームに変えて、肌トラブルの予防・改善を目指しましょう。

 

日焼け止めを正しく利用すること

日焼けを繰り返すと、シミやシワ、たるみなどが起きやすくなります。

 

紫外線ダメージを抑えるには、日焼け止めを正しく利用することが重要です。

 

【日焼け止めの使い方ポイント】

  • 日焼け止めはたっぷり使いましょう。塗りムラがないように、手のひらを使って均一になじませてください。
  • 2〜3時間を目安に塗り直しをするのがおすすめです。汗をかいたあとやタオルで拭いたあと、海やプールに入ったあとはこまめに塗り直しましょう。

 

サングラスや日傘を利用すること

紫外線が強い季節は、日傘をさして日焼け予防をするのが安心です。

紫外線は目から入るだけで、肌を黒くするメラニン色素が生成されるといわれています。目にダメージを受けると角膜が炎症を起こす恐れもあるので、サングラスで紫外線予防をしてくださいね。

 

編集部のおすすめ!イルコルポ日焼けケアアイテム

日焼けケアにぴったりのアイテムが揃うシーボディのイルコルポシリーズ。編集部おすすめの3つのアイテムを紹介します!

 

ミネラルボディシャインジェル

  • 価格:6,050円(税込)
  • 容量 :  200g (約1ヵ月分)

 

ミネラルボディシャインジェルは、色素沈着が起こるメカニズムに着目した美白ジェル。

「プラチナナノコロイド」「新安定型ハイドロキノン」「ビタミンC誘導体」など、27種類の美容液成分が日焼け・黒ずみ・くすみをケアし、輝くような透明肌が目指せます。

肌に負担がかかる成分を極力排除しているので、敏感肌でも使いやすいアイテムです。

 

ミネラルボディクリーム

  • 価格:5,500円(税込)
  • 容量 :  200g (約1ヵ月分)

 

消炎効果や鎮静効果、抗菌効果のある14種類のハーブエキスを配合し、肌荒れや乾燥を防ぎます。

ヒアルロン酸の17倍の効果があるとされるヒアロベールやコラーゲン、シアバターなど、うるおい成分や保湿成分を含んでいるので、日焼け後の乾燥しがちな肌のケアにおすすめです。

また、ミネラルボディクリームの特徴は、スリミング成分が配合されていること。

マッサージをするように使えば、保湿しながら気になるむくみケアもできます。

 

ミネラルUVセラムミルク

  • 価格:5,500円(税抜)
  • 容量:容量 : 80g

 

日中の日焼け対策には、国内最高基準「SPF50+/PA++++」の防御力をもつミネラルUVセラムミルクがおすすめです。

「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「プラセンタエキス」など31種類の美容成分を配合し、スキンケアをしながら紫外線によるダメージを防ぎます。

乳液のように肌なじみが良いので、日焼け止め特有のベタつきや乾燥が気になる人にもぴったりのアイテムですよ。

 

正しい対処法で早めのケアを!

紫外線ダメージを受けた肌は、正しい対処法で早めにケアすることが健康な肌状態を取り戻す第一歩です。

うっかり日焼けをしたら、大事なのは冷却と保湿。日焼けした翌日以降もきちんとしたアフターケアを心がけて、日焼けによる色素沈着や乾燥を抑えましょう!

今回ご紹介したシーボディのおすすめアイテムも、ぜひ日焼け対策に活用してみてくださいね。

 

まとめ
  • 日焼けは肌が火傷をしている状態、早めに肌を冷やすのが大事
  • 火照りが治ったら乾燥予防にきちんと保湿をする
  • 翌日からは紫外線対策&ビタミン豊富な食べ物を摂取する
  • 日焼けを繰り返さないように、正しい日焼け止めの使い方を意識して美白化粧品やサングラス、日傘などを活用する
  • 日焼けケアには、シーボディ「イルコルポ」のアイテムがおすすめ

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

美容ライター・専門家紹介

編集部

編集部




シーボディは、1990年に日本で創立され30年近くにわたり、日本発のボディケアブランドとしてパイオニアの「イルコルポ」をはじめ、スキンケア・ヘアケアにいたるまでのビューティプロダクツを生み出してきました。お客様に長く愛される商品を目指し、科学的根拠のある成分にこだわり、使い心地がよく、確かな実感とともに気持ちが豊かになるような商品づくりを行っています。「SiBODY Beauty Tips」では、より効果的に気持ち良く商品を使うための正しい使い方や、お悩みの解決方法、知って得する美容法や美容成分など、商品だけではお伝えしきれていなかったキレイのヒントをお届けします。

 美容ライター・専門家一覧

この記事も一緒に読まれています

  • 食べるダイエット!楽に痩せる食事方法と簡単おすすめメニューをご紹介

  • 【意外と知らない?】ボディスクラブの効果的な使い方と選び方を徹底解説

  • 【女性必見】体脂肪を減らすにはコツがある!脂肪を燃やす食事と運動とは

  • どうやって治すの?色素沈着(黒ずみ)の原因と対策法をご紹介!

  • お腹回りの脂肪を落とすのは実は簡単?効果的なダイエット方法とは

  • 日焼け肌を白くしたい!確実に肌が白くなる方法・美白の鉄則8選