sibody
  1. 【公式】シーボディ-SiBody
  2. Beauty Tips Top
  3. ダイエット
  4. 【必見】腹筋以外でお腹周りの脂肪を簡単に落とすダイエット方法!

【必見】腹筋以外でお腹周りの脂肪を簡単に落とすダイエット方法!

 2018/12/14 ダイエット
この記事は約 12 分で読めます。

「どんなに頑張ってダイエットしても、お腹周りの脂肪だけが落ちない…」

ダイエッターなら誰しも1度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

腹筋が効果的といわれますが、いざチャレンジしてみると思うように結果が出ないという声も聞かれます。

腹筋以外でお腹周りをすっきりさせる方法はないのでしょうか。

今回はそんな悩みを簡単に解消できるダイエット方法について詳しくご説明します。

 

お腹周りの脂肪の原因は?

そもそもお腹周りにはなぜ脂肪がつきやすいのでしょうか。気になるお腹周りの脂肪の原因について見てみましょう。

 

脂肪の蓄積

お腹周りの脂肪の原因としては、皮下脂肪の蓄積が考えられます。

皮下脂肪は特に女性につきやすく、丸みを帯びた成人女性特有の体形を形作るものでもあります。プヨプヨと柔らかく、手で掴むことができるのが特徴で、お腹周りのシェイプアップには皮下脂肪対策は避けて通れません。意識して改善に取り組む必要があります。

 

運動不足による筋力低下

大人になるとなかなか運動する機会がないという人も少なくありませんが、運動不足に陥ると、筋力が低下し、新陳代謝が悪くなる原因ともなります。新陳代謝が悪くなると脂肪が燃焼しにくくなるため、脂肪が蓄積しやすくなるのです。

日常的な運動習慣によって筋肉を鍛え、新陳代謝を上げることが大切です。

 

骨盤の歪み

骨盤の歪みがお腹周りに脂肪がつく原因になることもあります。

骨盤が正しい位置にないと内臓が下がってしまい、余分な脂肪がつきやすくなってしまうからです。ダイエットしているのに全く効果が実感できない、痩せにくいと感じている方は一度骨盤をチェックしてみましょう。骨盤矯正が問題解決の糸口になる可能性もあります。

 

冷えや便秘などの体質

多くの女性を悩ませる冷え性や便秘も見逃せないポイントです。冷え性は胃腸の動きや自律神経を低下させるため、便秘しやすくなります便秘になると栄養物質や水分が腸内に溜まり、皮下脂肪が蓄積する原因となるのです。

日頃から身体を温めるよう心がけ、便秘解消のために繊維質を多く摂取することが大切です。

 

基礎代謝の低下

年齢とともに基礎代謝は落ちていきます。女性の場合、15歳ごろをピークに下降線をたどるといわれています。

基礎代謝とは安静時にも消費されるエネルギーのことで、1日の消費エネルギーの7割以上を占めるともいわれています。基礎代謝が落ちると、消費カロリーが増えていなくても、以前と比べて太りやすくなります。年齢とともに背中やワキのハミ肉が気になるようになるのはこのためです。

逆からいえば、基礎代謝を上げることで太りにくい体にすることができるわけで、エクササイズなどで基礎代謝を上げるよう取り組むことが大切です。

 

お腹周りの脂肪の種類を知ろう

お腹周りについている脂肪は1種類だけではありません。どんな脂肪がついているのでしょうか。脂肪の種類と特徴について見てみましょう。

 

皮下脂肪

皮下脂肪とはその名の通り、皮膚の下につく脂肪のことです。お腹や腰、太もも、二の腕や顎などにつきやすく、スタイルを悪化させる大きな原因となります。

また、つきにくく落としにくいともいわれており、一度ついてしまうと落とすのは大変です。あらかじめつかないよう予防することが大切です。もっとも皮下脂肪は悪い面だけでなく、寒い時に体温を維持してくれる働きもあります。痩せたいからと皮下脂肪を落とし過ぎると体温を維持できなくなってしまうので注意しましょう。

 

内臓脂肪

お腹の内臓の周りにつくのが内臓脂肪です。皮下脂肪と異なり、外見にあまり影響を与えない特徴があり、痩せて見えても内臓脂肪が蓄積されているケースがあります。

内臓脂肪が蓄積されると、代謝低下や高血圧の原因となるアディポサイトカインという物質が多く分泌されるようになります。この物質は身体に悪影響を及ぼすため、注意が必要です。リンゴ型体型の場合、内臓脂肪が蓄積されている可能性があります。

もっとも内臓脂肪には脂肪燃焼の促進や、インスリンの働きを助けたり、動脈硬化を防いだりといった働きもあります。

 

異所性脂肪

皮下脂肪や内臓脂肪と異なり、あまり耳にする機会がないのが「異所性脂肪」です。

「いしょせいしぼう」と読み、第三の脂肪ともいわれています。その名の通り、本来は脂肪が溜まることのない肝臓や膵臓などの臓器などに蓄積する脂肪のことです

特に日本人は異所性脂肪がつきやすいといわれています。内臓脂肪同様、見た目ではわかりにくいため、気づかないうちに蓄積し、生活習慣病の原因となることがあります。

もっとも食生活の見直しや適度な運動などで比較的簡単に短期間に減らすことができるので、外食が続いたら健康的な食生活を心がけ、運動するよう心がけましょう。

 

メンズにもおすすめ!腹筋以外でお腹周りの脂肪を落とす方法

お腹周りの脂肪対策といえば、腹筋運動が思い出されますが、腹筋以外でも効果的に落とす方法はあります。レディスだけでなく、メンズにもおすすめの方法をご紹介します。

 

有酸素運動をする

運動には有酸素運動と無酸素運動の2種類あります。

無酸素運動が糖分を多く消費するのに対し、有酸素運動はエネルギー源として脂肪をよく使います。そのため、ダイエットには有酸素運動がより効果的です。

定期的に有酸素運動を行うことで、体内の脂肪を減らすことが期待できます。また、骨粗鬆症予防効果や心肺機能改善にも役立つといわれます。

 

体操やストレッチ

短期間に効率よくお腹周りの脂肪を落とそうと思ったら、より多くの筋肉を使った体操やストレッチがおすすめです。ここでは短期間で集中的にお腹周りのスリムを叶える体操とストレッチのやり方をご紹介します。

 

腰を「ひねるだけ」体操

日々の私たちの生活では前後に動くことがほとんどです。普段の生活ではあまり機会のない”ひねり”を加えることで脂肪燃焼効果をアップさせるのが「ひねるだけ」体操です。普段は使わない筋肉を動かすことで代謝がよくなり、より多くのエネルギーを消費できるようになります。

やり方は以下の通り。とても簡単なので時間を見つけて毎日行いましょう。

  1. かかとをつけて背筋をまっすぐにして立ち、つま先を直角に開く。
  2. 頭と足を固定し、ラジオ体操の要領で腰を左右にひねる。

 

胸と背中のストレッチ

日頃から運動をしていないと筋肉が固まり、姿勢が悪くなってしまいます。猫背になるとお腹が圧迫され、お腹周りに脂肪が寄ってきてしまいます。胸と背中のストレッチで身体の歪みを改善しましょう。やり方は以下の通りです。

  1. 横向きに寝て、膝と股関節を直角に曲げる。
  2. 両手を合わせて肘をまっすぐにして前に伸ばす。
  3. 足はそのままで重ねた手を少しずつ広げていき、肩を大きく開いて背中の後ろ側まで手を伸ばす。
  4. 腕を元の位置に戻す。これを左右15回3セット繰り返す。

 

腹式呼吸

腹式呼吸はダイエットに効果があるといわれています。副交感神経が優位になり、ストレス解消や食欲抑制効果が期待できるためです。また、横隔膜などの呼吸筋が動くことによって大腸が刺激されるため、便秘解消も期待できます。積極的に取り入れていきましょう。

腹式呼吸のやり方は以下の通りです。

  1. 仰向けに寝てお腹に手を当てる。
  2. 力を抜き、お腹を膨らませるようにして深呼吸する。リラックスしてゆっくり行なう。
  3. 10回1セットとして3セット行う。

 

サプリは不要!毎日の食事を改善しよう

健康な身体の基本はやはり食生活です。特に皮下脂肪を溜め込む原因ともなる便秘解消のため、食物繊維豊富な野菜をしっかりとることが大切です。

厚生労働省によれば1日に必要な野菜の摂取量は350g以上ですが、20代の野菜の平均摂取量は約220g、30~40代では約250gに留まり、全体的に野菜不足の傾向にあります。

忙しくて自炊ができないと外食頼みになりがちで、どうしても野菜は不足してしまいます。そんな時は青汁を利用したり、外食時にサラダを追加注文したりして野菜をとるよう心がけましょう。

また、筋肉を作るためにはたんぱく質も必要です。野菜だけでなく肉も食べるようにしましょう。

ダイエットといえば食べない方がよいと考えがちですが、食べ方を工夫することで健康的にスリムになることができます。

 

食べる順番を変更する

意外に思われるかもしれませんが、食事の際の食べる順番はダイエットに大きな影響を与えると指摘されています。食べる順番を変えることで痩せやすい体になりやすくなるのです。

食べるのを我慢することもなく、食事量を減らす必要もないため、無理せずにスリムボディが手に入ります。理想的な食べる順番は以下の通りです。

【食べ順によるダイエット方法】

  1. 最初に野菜を食べる。
  2. 次にスープをいただく。
  3. メインのおかずを食べる。
  4. ご飯は最後にいただく。

血糖値が上がると太りやすくなるのでローカロリーの野菜は血糖値が急激に上昇するのを防いでくれるため、最初に食べるのがおすすめです。順番を意識して食べることで、食べる楽しみを我慢することなく、効率的にダイエットできます。

 

たんぱく質中心のメニューにする

ダイエットには低カロリー・高たんぱくの料理が最適です。野菜をとることも大切ですが、良質なたんぱく質も欠かさずとるようにしましょう。毎日の食事に以下の食材がどれかひとつでも必ず含まれるよう献立を考えるとよいでしょう。

【良質なたんぱく質がとれる食材】

  • 肉(牛肉・豚肉・鶏肉 など)
  • 魚(鯖・鮭・鰻・サンマ など)
  • 大豆製品(納豆・豆腐 など)
  • 乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズ など)

 

エステサロンへ通う

バランスのよい食生活とともにダイエットに欠かせないエクササイズですが、頑張ってチャレンジしても効果が実感できないという方におすすめなのがエステサロンです。サロンには寝たきりの人のリハビリテーション用に利用されているマシンもあり、運動が苦手でも一定の効果が期待できます。

 

emsマシン

emsマシンは電気刺激で筋肉を動かし、筋トレ効果が期待できるといわれています。寝ていてもインナーマッスルを鍛えることができるため、運動が苦手な方でも効率よくトレーニングできます。

もっとも翌日以降に筋肉痛が出ることもあり、日頃から運動不足になっている方は注意が必要です。

また、emsマシンには電気刺激があります。苦手という方はあらかじめ体験コースを受けて試しておくのが良いでしょう。

 

リンパトレナージュ

マシンを利用した後はリンパドレナージュを受けましょう。リンパドレナージュとは、リンパマッサージのことです。

マシンで分解した脂肪もそのままにしておくとセルライトになってしまいます。マッサージで脂肪や老廃物を効率よく流すことで、むくみやたるみを解消することができます。 

 

キャビテーション

キャビテーションとは脂肪溶解系マシンのひとつで、痩せたい箇所に超音波を当て、皮下脂肪の細胞を破壊します。痛みや副作用の心配もなく、切開せずに痩身効果が得られます。

 

お風呂で体を温める

人間の身体は熱が上がると体力を消耗する傾向があります。

体温が1度上がると基礎代謝が13%アップするともいわれ、お風呂で身体を温めることでも同様の効果が見込めます。また、温まることで汗とともに老廃物が排出されるため、デトックス効果も期待できます。

体内に溜め込まれた余分な水分も汗となって流れていくため、むくみ解消効果もあります。日本人の食生活は塩分過多の傾向があり、必要な摂取量の1.3~1.5倍ほど塩分を摂取していると指摘されています。

塩分が多いと水分をより多く求めることとなり、余分な水分はセルライトの原因ともなってしまいます。

暴飲暴食のきっかけともなるストレスにもお風呂は効果があります。ストレス成分が汗とともに排出されるからです。ストレスを感じている時はシャワーで済ませず、湯船に浸かり、しっかり汗をかくようにしましょう。

湯船に浸かると血液が全身に行き渡るため、空腹を感じにくくなるメリットもあるといわれています。そのため食事前にお風呂に入ることで食欲を抑えることができます。

より効果的にお風呂に入ろうと思ったら、脂肪燃焼に効果があるバスソルトを利用しましょう。

 

おすすめの入浴剤はこちら

<ミネラルバスパウダーオリエンタルジャスミン>

  • 容量:600g
  • 金額:5,500円(税抜)

シーボディのミネラルバスパウダーオリエンタルジャスミンを使えば、上品な甘さが漂うジャスミンの香りに包まれて身も心もリラックスできます。ミネラル豊富な「雪塩」と「海藻エキス」、肌のミネラルといわれる「ケイ素」などを配合し、温熱・発汗効果とともに肌へ潤いを与えてくれます。

 

 

「浮き輪のようなお腹周りを簡単ダイエットですっきりさせよう」

お腹周りの脂肪はなかなか落ちにくいものですが、原因を突き止めれば対処方法は見えてきます。

ダイエットといえば食事制限と思いがちですが、それが原因でストレスを溜め込むようなら逆効果になりかねません。

食べる順番を変えたり、良質なたんぱく質を中心としたメニューを取り入れたり、食事法を変えることで楽しみながらスリムな体型を手に入れることができます。

大事なのはダイエットのコツを抑えることです。

脂肪がつく原因とメカニズムを理解した上でピンポイントに対策すれば、簡単な運動やストレッチでも高い脂肪燃焼効果が期待できます。

あなたも簡単ダイエットでお腹周りから脂肪の浮き輪を取り除きましょう。

 

まとめ
  • 脂肪がつく原因を突き止めてピンポイントの対策を
  • 野菜を食べるよう意識し、良質のたんぱく質中心の食事を心がける
  • エステサロンも活用し、有酸素運動と入浴習慣を身に着ける
  • 普段は使わない筋肉を使うストレッチで代謝をアップさせる

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

美容ライター・専門家紹介

八十幌 秋穂

八十幌 秋穂

ダイエットするとストレスたまって過食に走る八十幌です。頑張らないダイエットを追求した結果、身体のメカニズムを知ることが大切と気づきました。美容の「なぜ?」を解明し、キレイを叶えるコツをお知らせします。

 美容ライター・専門家一覧

この記事も一緒に読まれています

  • セルライトの除去に効く!ボディケアとマッサージグッズおすすめ7選

  • 正しい半身浴でドロドロ汗!痩せる効果アリといわれる理由とは

  • 【汗を出す方法】半身浴で汗かかない私にも効果アリ!そのやり方とは

  • 【必見】短期間で脚やせダイエットを成功させる効果的な方法とは

  • お腹&太ももにダイエット効果?お風呂マッサージ&エクササイズ方法

  • 【1週間で効果抜群】脚やせダイエットに効果的なエクササイズを紹介