sibody
  1. 【公式】シーボディ-SiBody
  2. Beauty Tips Top
  3. 【シーボディのボディケアで即効果】お腹の脂肪を落とす方法をご紹介

【シーボディのボディケアで即効果】お腹の脂肪を落とす方法をご紹介

コラム
この記事は約 8 分で読めます。

「プヨプヨとしたお腹の脂肪を落としたい…」

「ペタンコお腹になりたいのにダイエットが成功しない…」

この記事では、そんな悩みを抱える女性におすすめしたい「お腹の脂肪を落とすダイエット方法」を解説します。

さらに効果を高めるためには、ボディケアも大切。シーボディのおすすめ商品「ミネラルフィットスムーサー」の特徴やマッサージ方法もチェックして、お腹の引き締めに活用してみましょう!

 

女性の脂肪は男性より落としにくい

脂肪には「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2種類があります。

【皮下脂肪の特徴】

  • 皮膚のすぐ下につく
  • 下半身がふっくらとする洋ナシ型肥満

【内臓脂肪の特徴】

  • 内臓の周りにつく
  • お腹がぽっこりと出るリンゴ型肥満
  • 生活習慣病や動脈硬化、がんなどのリスクを高める

一般的に、女性はお腹周りや腰回り、太ももなどに皮下脂肪がつきやすく、男性は内臓脂肪がつきやすいといわれています。

皮下脂肪はじわじわと蓄積していき、一度つくと落としにくい脂肪です。内臓脂肪は皮下脂肪に比べるとつきやすく落としやすいため、男性よりも女性の方が痩せにくい傾向があります。

 

腹筋だけはNG!部分痩せはできない

腹筋運動でお腹の筋肉を引き締めることはできても、脂肪は部分的には燃焼できません。

個人差はありますが、皮下脂肪は手首や肩、足首やふくらはぎなどから落ちていき、お腹や太ももなど皮下脂肪が多くついている場所はあとから痩せる場所といわれています。

そのため、お腹の脂肪を落とすには、全身の脂肪を減らすのに効果的な方法を取り入れることが大切です。

 

お腹の脂肪を落とす方法

効率良くお腹の脂肪を落とすにはどうすればいいのでしょうか。効果的な方法をチェックしてみましょう。

 

極端に摂取カロリーを減らさない

ダイエットで体脂肪を減らすには、消費カロリーよりも摂取カロリーを減らすのが基本です。そのため、食事のカロリー摂取量が多い人は、バランスを考えて食事制限をしましょう。

ただし、極端に摂取カロリーを減らすと、飢餓状態と感じて脂肪を蓄えようとしてしまいます。また、糖質や脂質を減らしすぎるのも、リバウンドや体調不良の原因になる場合があるので注意しましょう。

 

毎日の食事で野菜・果物・良質なタンパク質を摂取する

ビタミンやミネラルは代謝作用に関わっているため、ダイエット中は野菜をしっかりと摂取しましょう。甘いものを食べたい時は、お菓子の代わりに果物を食べるのがおすすめです。

他にも、毎日の食事では卵や大豆食品、魚、脂身の少ないお肉など、良質なタンパク質を摂取することで、筋肉がつきやすくなり脂肪燃焼しやすい体が目指せます。

 

定期的な有酸素運動を行う

お腹の脂肪を落とすには、脂肪燃焼効果のある有酸素運動を定期的に行うのがポイントです。ランニングや水泳、ウォーキングなど、自分の体力レベルに合った運動を習慣にしましょう。

また、有酸素運動の間に全力で動く運動「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」も効果的です。例えば、1分間全力でダッシュした後に30秒のジョギングを繰り返す方法などがあり、短時間での脂肪燃焼効果が高いといわれています。

ただし、HIITは通常の運動よりも負荷が大きく心拍数も上がりやすいので、運動に慣れていない人や体調がすぐれない時は無理をしないようにしましょう。

 

筋トレで代謝を高める

筋力トレーニングをすると、お腹を引き締めるのと合わせて基礎代謝量を増やすことができます。

基礎代謝量が増えると痩せやすく太りにくい体を作ることができるので、有酸素運動と組み合わせて筋トレをする習慣もつけましょう。

 

体幹を鍛える

お腹がポッコリと出ている理由は、姿勢の悪さや内臓が下がっていることが関係しているケースがあります。体幹を鍛えると姿勢の改善や内臓を正常な位置に戻す効果が期待できるので、体幹トレーニングを取り入れましょう。

体幹を鍛えるには、「プランク」がおすすめです。

【プランクのやり方】

  • うつ伏せになる
  • 肩の下に肘がくるようにして腕を床につけ、肘とつま先で体を支える
  • 頭からかかとまで一直線になるようにキープする(目安時間:約30秒)

キープできる時間からはじめて、徐々に時間を延ばしていきましょう。

 

なかなかお腹の脂肪が落ちない理由は?

運動や食事制限をしても思ったようにダイエット効果が現れないという場合もあります。なかなかお腹の脂肪が落ちないときの理由を見てみましょう。

 

睡眠不足

睡眠時間が少ないと食欲に関連するホルモンバランスが乱れて、食欲が高まってしまう場合があります。

また、睡眠中は新陳代謝を促し、中性脂肪の分解や筋肉の修復を行う成長ホルモンが活発に分泌されます。成長ホルモンは眠り始めてから3時間の間に最も分泌されるといわれているので、しっかりと睡眠時間を確保して、ぐっすりと眠れる質のいい睡眠をとるようにしましょう。

 

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まるとストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」の分泌が高まるといわれています。コルチゾールが分泌されると、食欲を抑えるセロトニンの分泌が低下するため、食欲が増えてしまう場合があります。

さらに、コルチゾールの増加は血糖値を上昇させやすくし、体脂肪がつきやすくなることも。ストレスは溜め込まずに、上手に解消しましょう。

 

運動のしすぎ

ダイエットに運動は欠かせませんが、回復時間を取らずにいると疲労が溜まってコルチゾールの増加につながってしまう場合があります。また、同じ運動ばかりしていると体が慣れてしまい、効果的にカロリーを消費できなくなることもあるといわれています。

運動量を増やすだけではなく、有酸素運動にエクササイズや筋トレを組み合わせたり、きちんと身体を休ませる時間を作ったりして効率よくダイエットしましょう。

 

短期間で結果を求めすぎている

ダイエットの結果が出ないからといって、焦りすぎてはいけません。運動や食事の見直しがきちんと習慣化し効果として現れるまでには時間がかかるものです。

短期間で結果を求めすぎると、ストレスが溜まって途中で諦めてしまいがち。

長期的な目標を立てるようにしましょう。

 

脂肪燃焼をサポート!おすすめボディケア商品

脂肪燃焼効果を高めるなら、シーボディのボディケア商品がおすすめです!効果的なマッサージ方法も一緒にチェックして、おなかダイエットに活用しましょう。

ミネラルたっぷりマッサージ料【ミネラルフィットスムーサー

  • 価格:5,000円(税抜)
  • 内容量:600g

ミネラル含有数世界一の天然海塩「雪塩」や、3種類の海藻エキス、脂肪蓄積抑制効果をもつアマチャエキスを配合したボディマッサージ料。

ダイエットに効果的なマグネシウムを一般食塩の約150倍含み、豊富なミネラル・ビタミン・アミノ酸の作用によって脂肪分解促進・血行促進・美白・保湿・ひきしめの作用が期待できます。

セルライト除去・脂肪燃焼をサポートし、プヨプヨお腹のケアに効果的です。

マッサージ方法

  1. 身体の水分を拭き取り、ミネラルフィットスムーサーを適量手に取っておなかに塗る
  2. 胸の下から恥骨の上まで、みぞおちから肋骨に沿って脇腹まで両手で交互に上から下に向かってさする(5回繰り返し・約1分)
  3. おへそから「の」の字を書くように両手で交互に時計回りにさする(5回繰り返し・約1分) 上半身を左右にひねりながら、両手でお腹を横に向かって片側ずつ大きくさする(5回繰り返し・片側約1分)
  4. ぬるま湯でよくすすぎ、手のひらをくぼめてポコポコと音がするようにお腹全体を軽くたたく(お腹全体・約1分)

【マッサージのポイント】

入浴後の体が温まった状態でマッサージするのがポイントです。強く刺激しすぎないようにやさしく行いましょう。マッサージ前後は十分に水分を補給し、気分がすぐれないときはすぐに中止してください。

 

ボディケアの習慣を作ってお腹の脂肪燃焼を促そう!

お腹の脂肪を落とすには、全身の脂肪の減量を目指すのがポイントです。栄養バランスのとれた食事を意識して、適度な運動をするように心がけましょう。

また、おなかダイエットに効果的なボディケアを取り入れることで、脂肪燃焼をサポートできます。食事・運動・ボディケアの習慣を作って、理想的な引き締ったお腹を手に入れてくださいね!

 

まとめ
  • 女性は皮下脂肪がつきやすく、比較的男性よりも痩せにくい
  • お腹の脂肪を落とすには、食生活の改善・有酸素運動・筋力を高めることが大事
  • なかなかお腹の脂肪が落ちないのは、睡眠不足・ストレス・運動のしすぎなどの理由が考えられる
  • 脂肪燃焼をサポートするなら「ミネラルフィットスムーサー」がおすすめ

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

美容ライター・専門家紹介

編集部

編集部




シーボディは、1990年に日本で創立され30年近くにわたり、日本発のボディケアブランドとしてパイオニアの「イルコルポ」をはじめ、スキンケア・ヘアケアにいたるまでのビューティプロダクツを生み出してきました。お客様に長く愛される商品を目指し、科学的根拠のある成分にこだわり、使い心地がよく、確かな実感とともに気持ちが豊かになるような商品づくりを行っています。「SiBODY Beauty Tips」では、より効果的に気持ち良く商品を使うための正しい使い方や、お悩みの解決方法、知って得する美容法や美容成分など、商品だけではお伝えしきれていなかったキレイのヒントをお届けします。

 美容ライター・専門家一覧

この記事も一緒に読まれています

  • 脂肪燃焼のメカニズムは?もっとも効果的に痩せる正しい運動法とは

  • 醜いセルライトにおさらば!自宅でできる効果的に除去する方法とは

  • 入浴剤って本当に効果あるの?老舗メーカー直伝!正しい商品の選び方

  • 【簡単くびれ美人】下腹の落としにくい脂肪を効果的に落とす方法とは

  • 温泉よりお得?シーボディいい風呂の日(11月26日)キャンペーン

  • お腹回りの脂肪を落とすのは実は簡単?効果的なダイエット方法とは