1. 【公式】シーボディ-SiBody
  2. Beauty Tips Top
  3. スキンケア
  4. 【効果的に痩せる方法】皮下脂肪を落とす運動・生活習慣のメニュー

【効果的に痩せる方法】皮下脂肪を落とす運動・生活習慣のメニュー



「お腹まわりのぷにぷにお肉がとれない!」

「ダイエットしても脂肪が減らない!」

 

実は、ぷにぷにお肉の原因である皮下脂肪は、体の中でもっとも落としにくい脂肪なのです。

 

そこでこの記事では、皮下脂肪を落とすための運動や生活習慣について、詳しく解説していきます。

効果的に体脂肪を減らすおすすめアイテムもご紹介しますので、是非チェックしてくださいね。

 

 

皮下脂肪が落としにくい原因

まずは、皮下脂肪がなぜ落としにくいのか見ていきましょう。

 

 

子宮を守る役割があるため

皮下脂肪は、男性よりも女性につきやすい特徴があります。

その理由は、女性は皮下脂肪によって子宮を守る必要があるためです。

また、皮下脂肪には保温効果もあり大事な子宮を守ってくれるため、女性にとってなくてはならない脂肪なのです。

 

 

運動で最初に燃えるのは糖質のため

運動には、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動と、筋トレなどの無酸素運動がありますが、どちらの運動法も糖質を最初のエネルギー源として使います。

そのため、脂肪がエネルギーとして使われるのは、糖質を使い果たしてからなのです。

 

 

皮下脂肪の燃焼は脂肪のなかでも最後なため

皮下脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動を20分以上続ける必要があります。

なぜなら、有酸素運動を始めてから20分まではエネルギーとして血液中の脂肪が使われ、20分をこえてから内臓脂肪、皮下脂肪の順で使われるからです。

皮下脂肪は本来、餓死など生命の危機が迫った時に使われる重要な脂肪。

だからこそ、運動などで消費されるのは最後になり、落としにくい脂肪といわれているのです。

 

 

 

皮下脂肪を減らす運動方法

皮下脂肪を減らすための運動方法を見ていきましょう。

 

 

筋トレで燃焼効率を上げる

ひとつめは、筋トレで脂肪燃焼効果を上げることです。

筋トレ自体で皮下脂肪が落ちるわけではありませんが、引き締まった体になることですらりとした見た目になることができます。

見た目への効果だけではなく、トレーニングをすることで筋肉量が増えると、基礎代謝も上昇。

基礎代謝が上がると、運動していなくても消費カロリーが増えるので、ダイエット効果も高まるのです。

筋肉が増えることで体重の増加があるかもしれませんが、体脂肪率が下がるので、結果的に綺麗なボディラインに近づくことができますよ。

 

さらに筋トレは、体脂肪を分解する「成長ホルモン」の分泌を促すので、体脂肪量を減らすためにとても重要です。

数ある筋トレのなかでも1番のおすすめは、スクワット。

体全体の筋肉の中で約70%を占めているのが下半身の筋肉といわれるので、スクワットで下半身全体の筋肉を鍛えることで効果的に代謝をあげることができます。

運動不足の人やジムに通えない人でも家で簡単に実践できるのでおすすめです。

 

 

 

有酸素運動で脂肪燃焼を促す

ふたつめは、有酸素運動をすることです。

有酸素運動にはウォーキングやランニング、エアロビクスなどがありますが、20分以上続けることが大切。

なぜなら、脂肪分解酵素が働き出すのは、運動を始めて20分後だからです。

脂肪分解酵素が働き出すと、脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪が分解され、エネルギーとして燃焼されます。

20分を過ぎてからは、運動量を増やせば増やす分だけ体脂肪を燃焼することができます。

 

ちなみに、皮下脂肪を減らすダイエット法としては、

 

筋トレ

有酸素運動

 

の順に行うのがおすすめです。

筋トレをして成長ホルモンが分泌された状態で有酸素運動をすると、蓄積した脂肪分が効果的に燃焼されるのでダイエットに効果的です!

運動は「筋トレ→有酸素運動」と覚えておきましょう!

 

 

皮下脂肪を減らす生活習慣

皮下脂肪を減らすための生活習慣についても見ていきましょう。

 

糖質過多の食事を減らす

摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、余った分が脂肪として蓄えられます。

特に炭水化物は、脂肪として蓄積されやすい糖質と食物繊維からできているので、摂取量が多くならないように気をつけましょう。

かといって、炭水化物をまったく取らない糖質制限はおすすめできません。

がっつりと食事制限をするのではなく、ごはんやパン、麺類などの炭水化物は控えめにしたり、タンパク質や脂質などもバランス良く食べるたりするなど、工夫した食生活を意識してください。

 

ちなみにわたしは、朝はエネルギーになるごはんやパンをしっかりと食べます。

夜はサラダと卵と肉類など、炭水化物を減らしてタンパク質や脂質などを摂るように意識しています。

お腹は空きますが、夜がっつりとごはんを食べるよりも、翌朝の体が軽くなるのでおすすめです。

 

 

ビタミン・ミネラルをしっかり摂る

ビタミンやミネラルは、体の調子を整える栄養素のイメージがありますが、ダイエットにも重要な役割を果たします。

ビタミンやミネラルは、糖質や脂質の代謝を助ける働きがあるので、皮下脂肪をつけにくくしてくれるのです。

特に、ビタミンB群は糖質や脂質の代謝を効率的に行うのでおすすめ。

卵やチーズ、納豆や豆腐などは毎日の食事でも取り入れやすいので、積極的に摂るようにしてください。

 

 

睡眠時間はしっかりとる

ダイエットに睡眠時間は関係なさそうですが、実は睡眠不足は太る原因に。

睡眠時間が短いと食欲を抑えるホルモンと、食欲を増進するホルモンのバランスが崩れます。

睡眠時間が短いと食欲を増進するホルモンが増え、食欲が増すことで太りやすい体になってしまうのです。

 

また、眠っているあいだに、脂肪分解作用のある「成長ホルモン」が分泌されるので、眠っているだけでカロリーを消費することができます。

睡眠時間を確保するだけで、痩せやすい体になるのは嬉しいですよね。

睡眠時間をたっぷりとることは、ダイエットだけでなく美肌にも効果があるので、意識的にとるようにしてください。

ちなみに、78時間眠る人たちの肥満度がもっとも低いので、まずは7時間を目標に睡眠時間を確保してみましょう。

 

 

 

運動後はしっかりマッサージする

有酸素運動や筋トレで皮下脂肪を減らせることはお伝えしましたが、運動後のマッサージをするかしないかでも効果に違いが出てきます。

運動後は筋肉痛の原因である酵素が活性化され、この状態が長引くと太りやすい体質に。

なので、運動後のマッサージでリンパの流れをよくすることで原因となる酵素の活性を抑えることができますよ。

 

特に、半身浴をした後にマッサージをすることがおすすめです。

半身浴でからだを温めてからマッサージをすることで、リンパの流れを良くしむくみの解消が期待できます。

湯船の中でマッサージをするのもおすすめですが、専用のスクラブを使ったマッサージが特におすすめです。

ブランド:イルコルポ

商品名:ミネラルフィットスムーサー

金額:5,000円(税抜)

内容量:600g(約1ヶ月分)

 

わたしも週に2回ほど使っていますが、SIBODYミネラルフィットスムーサーは、ミネラル含有数世界一の雪塩が使われており、セルライト除去に効果抜群。

少し粘り気があるので全身に伸ばしやすく、スクラブ効果もあるので洗い上がりのお肌がしっとりします。

むくみの解消にも効果が期待できるので今では手放せないアイテムです。

爽やかな香りでリラックスもできるので、バスタイムを充実させたい人にもおすすめのアイテムですよ。

 

 

運動習慣と生活習慣を徹底して理想の体を手に入れよう

皮下脂肪は、1度ついてしまうとなかなか落としにくいと思っていませんか?

実は、皮下脂肪はハードな運動や厳しい食事制限をしなくても、毎日の運動習慣や生活習慣に少し気をつけるだけで、案外簡単に落とすことができます。

運動やトレーニングをするだけで満足せずに、半身浴やマッサージでしっかりケアをしてあげることが、ダイエット成功のためにとても大切です!

効果的な方法で皮下脂肪を落として、理想の体を手に入れましょう。

 

 

まとめ

・運動は①筋トレ②有酸素運動(20分以上)の順番で行う

・筋トレは家でもできるスクワットがおすすめ

・糖質を減らし、ビタミン・ミネラルをたくさん摂る

・睡眠時間を最低でも7時間はとる

・半身浴でからだを温めてからマッサージする

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

美容ライター・専門家紹介

八十幌 秋穂

八十幌 秋穂

ダイエットするとストレスたまって過食に走る八十幌です。頑張らないダイエットを追求した結果、身体のメカニズムを知ることが大切と気づきました。美容の「なぜ?」を解明し、キレイを叶えるコツをお知らせします。

 美容ライター・専門家一覧

この記事も一緒に読まれています

  • 【黒ずみ悪化の対処法】プロが教える原因と正しい対策法をご紹介!

  • 股(また)の黒ずみを解消したい!黒ずむ原因とセルフケア方法を紹介

  • 【背中ニキビの原因と対策】気になる背中ニキビに効果的なケアと対処法

  • 【栄養士監修】乾燥肌の改善に効果大!食事&入浴で徹底的に体質改善

  • 【悩まないで】vio・デリケートゾーンの黒ずみ原因とケア方法は?

  • 陰部(アソコ・彼処)の黒ずみを解消するには?原因とケア方法を紹介