1. 【公式】シーボディ-SiBody
  2. Beauty Tips Top
  3. スキンケア
  4. 【悩まないで】vio・デリケートゾーンの黒ずみ原因とケア方法は?

【悩まないで】vio・デリケートゾーンの黒ずみ原因とケア方法は?

暖かい季節が近づくと、それだけでワクワクしてきますよね。

「今年の夏は水着を新調したい!」と決意している人も多いと思います。

しかし、肌を露出する機会が増えると気になってくるのがVIOラインやデリケートゾーンの黒ずみです。

 

近頃Vゾーンのくすみが気になる私も夏に向けて解消したい!と悩んでいたところ。

そこで今回の記事では、気になる黒ずみの原因や正しいケア方法について調べてみました。

 

vio・デリケートゾーンの黒ずみの主な原因

大人の女性でvioやデリケートゾーンの黒ずみに悩んだことがない、という方は少ないと思います。なぜこうした黒ずみができてしまうのかまずはその原因について見ていきましょう。

 

摩擦によるもの

Ⅴラインなど下半身の黒ずみのもっとも大きな原因は摩擦です。

vioやデリケートゾーンは常に下着が接触しています。そのため締め付けや擦れが起こりやすく、刺激のせいでメラニン色素が発生し黒ずみができてしまうのです。

特に、サイズの合わないものや化学繊維の含まれた下着を付けている人は注意が必要。黒ずみを作らないようにするためには、サイズの合った肌に優しい下着がおすすめです。

また、ムダ毛の処理が刺激になることもあります。除毛テープやワックス脱毛での自己処理は肌への負担が大きく、黒ずみの原因になりやすいので注意が必要です。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れが、下半身の黒ずみに関係しているケースもあるそうです。

寝不足や疲労の蓄積、あるいは乱れた食生活、ストレスなどのせいでホルモンバランスが乱れると、肌はちょっとした刺激に対しても色素沈着を起こしやすくなります。

ホルモンバランスの乱れは、vioやデリケートゾーンのような敏感な部分にも影響してしまうのです。

 

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーの乱れも、下半身の黒ずみを作る原因になります。

健康な肌の場合は新陳代謝がきちんと行われるため、多少の肌荒れも時間が経てば回復します。しかし、ターンオーバーが乱れている人の場合は、古い角質やメラニンが蓄積しやすく、Vラインやデリケートゾーン周辺の黒ずみ・肌荒れにもつながってしまうのだそうです。

 

おすすめのケア方法とは

顔やボディのケアとは違い、vioやデリケートゾーンのケア方法については良くわからないという方も多いのではないでしょうか。意外と知られていませんが、他の部位同様、デリケートゾーンもきちんとケアすることが大切です。

ここでは、毎日の生活のなかでできるおすすめのケア方法をご紹介します。

 

正しい洗浄方法を実践する

皮膚に黒ずみを作らないようにするには、なるべく刺激を与えないことが重要です。

VIOラインやデリケートゾーンを洗浄する時は、洗浄剤を良く泡立てて優しく洗うようにしましょう。普通の石鹸よりもデリケートゾーン専用の洗浄剤がおすすめです。

また、ゴシゴシと擦るのは厳禁!指の腹を使ってソフトに洗うことをおすすめします。流す時も肌への負担にならないよう、ぬるま湯を使うのがベストです。

 

アンダーヘアーの手入れをする

下着による擦れを軽減するためには、きちんとアンダーヘアを手入れすることも大切です。

伸びてしまった毛はそのままにせず、なるべく短くカットしておきましょう。自己処理する場合は電気シェーバーや脱毛機、はさみを使用することで肌への負担が少なく済みます。

また、できるだけ肌への負担を抑えたいなら、エステサロンや医療脱毛クリニックで医療レーザー脱毛を行えばより安心です。

 

保湿クリームを使用する

乾燥は肌の黒ずみを悪化させてしまいます。そうならないためにも、vioやデリケートゾーン周辺も、きちんと保湿を行うことが大切なのだそうです。

下半身の保湿には、過度な刺激を防ぐためにもデリケートゾーン用の商品を使用しましょう。特にお風呂上りやアンダーヘアのお手入れの後にはそうした保湿クリームを使ってケアすることが必要です。

 

バランスのとれた食事

肌の状態を良好に保つためには、日ごろからバランスのとれた食事をとることが大切です。

美肌のための栄養素であるビタミンB2やB6、ビタミンEや細胞の原料でもあるタンパク質は積極的に摂りましょう。

ちなみに、ビタミンB2は豚肉や牛レバー・大豆製品、ビタミンB6はマグロ・ニンニク、タンパク質は肉・魚・卵・大豆製品などに多く含まれています。

 

質の良い睡眠をとる

肌のターンオーバーを整え、ホルモンバランスの乱れを防ぐためには質の良い睡眠が欠かせません。下半身の黒ずみを防ぐためにも睡眠不足は厳禁です。

特に、肌の代謝が活発に行われる時間帯である22時から深夜2時の間はなるべくきちんと眠るように心がけましょう。

 

ストレスを緩和する

ストレスや疲労の蓄積は、ホルモンバランスを乱してしまう恐れがあります。

肌に黒ずみをつくらないためにも意識してストレスを緩和することが大切です。時には、好きなことに没頭してストレスを解消しましょう。お風呂やマッサージでの気分転換もおすすめです。

 

vioの黒ずみに効果的なアイテムをご紹介

下半身の黒ずみは長年の悩みのひとつでしたが「ケアの方法も知らないし…」とついつい後回しにしていた私です。

それゆえいざ対策をはじめても、毎日のケアだけでは少し心もとなかったのが正直なところ。そこで、vioラインやデリケートゾーンの色素沈着に効果があるという化粧品は積極的に試してきました。

その中でも、長年蓄積されたしつこい黒ずみにも効果が期待できた、おすすめの美容アイテムをご紹介します!

同じく下半身の黒ずみに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

ミネラルボディシャインジェル

シーボディ イルコルポ ミネラルボディシャインジェル|200g 5,500円(税抜)

 

爽やかな香りが特徴のジェルタイプの美白・保湿アイテム。

「プラチナナノコロイド」「フラーレン」「プラセンタ」「アルブチン」「ビタミンC誘導体」など、美白や美肌効果の高い成分が豊富に含まれた、頼りになる商品です。メラニンの抑制や色素沈着を防ぐと同時に、ターンオーバーも促進してくれます。

伸びが良くサラリとしているので、べたつきが苦手な私でも使いやすかったです。vioやデリケートゾーン周辺だけでなく、全身に使うことができます。ただし、デリケートゾーンに使用する際は、粘膜は避けるように注意してください。

 

ホワイトヴェール

ホワイトヴェール ディープクリアジェル|40g 7,000円(税抜)

 

メラニン抑制と肌引き締め効果のある「トラネキサム酸」と「グリチルリチン酸ジカリウム」という美白成分がWで配合されている美容ジェル。医薬部外品に指定されているので、高い効果が期待できます。透明で肌なじみのよいジェルタイプなので、急いでいる時でも使いやすいのがポイント。デリケートゾーン以外の、ひざやひじ、脇などの気になる部分にも使えます。

着色料・香料・パラベン・アルコールフリーの低刺激処方なので、敏感肌タイプの方でも安心です。

 

イビサクリーム

ファイブテイルズ イビザクリーム|35g 7,000円(税抜)

 

保湿効果と美白効果を両立したクリームタイプのイビザクリームは美容系の情報サイトでも評価が高い商品です。

「トラネキサム酸」と「グリチルリチン酸2K」という美白効果の高い成分に加え、カモミラエキスや大豆エキスなどの美容成分をナノカプセル化したものが贅沢に配合されています。下半身の黒ずみはもちろん、バストトップや顔部分にも使用することができます。

使った後の肌はかなりしっとり。保湿力が高いので、皮膚のかさつきが気になる方には特におすすめの美白クリームです。

 

「効果的なケア方法でデリケートゾーンの悩みを解消しよう!」

普段目に見えないデリケートゾーンやVIOラインのケアは後回しになりがち。

そのため、肌荒れやしつこい色素沈着に悩まされてしまうのです。

隠して誤魔化すだけでは黒ずみは悪化するだけ!悩む前に、少しでも早くケアを始めてみませんか。

最近では、効果的なデリケートゾーン用ケア商品がたくさん販売されています。

自分に合った使いやすいアイテムを見つけて、肌のコンプレックスを解消しちゃいましょう。

 

まとめ
  • ⅤラインやIライン、デリケートゾーンなどは、下着の擦れやVIO脱毛の刺激によって黒ずみやすい
  • 気になる下半身の黒ずみをケアするためには、生活習慣の見直しやデリケートゾーンの丁寧な洗浄が大切
  • 効果的な黒ずみケアのためには、デリケートゾーン用美白アイテムの利用がおすすめ

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

美容ライター・専門家紹介

小野塚 晴子

小野塚 晴子

美容と健康を愛する美容ライターです。
化粧品は、プチプラからデパコスまで評判の良いものは何でも自分で試してみたいタイプです。
最近はミネラルコスメにも興味あり、健康的な美を維持することが目標です。
誰でも気軽に試せる等身大の美容情報を発信していきます!

 美容ライター・専門家一覧

この記事も一緒に読まれています

  • あごニキビの原因は?気をつけるべき食べ物と顎ニキビの予防と対策

  • 背中やデコルテにできるブツブツニキビの原因と対策法をプロがご紹介

  • 【黒ずみ悪化の対処法】プロが教える原因と正しい対策法をご紹介!

  • プチプラもご紹介!本当に美白になるおすすめボディクリーム10選

  • 陰部(アソコ・彼処)の黒ずみを解消するには?原因とケア方法を紹介

  • 【簡単美白!】透明感ある美肌になるために絶対にやるべき7つの方法