1. 【公式】シーボディ-SiBody
  2. Beauty Tips Top
  3. スキンケア
  4. 【本気で肌を白くしたい人必見】全身が美白になるケア方法を解説!

【本気で肌を白くしたい人必見】全身が美白になるケア方法を解説!

 2021/06/17 スキンケア
この記事は約 14 分で読めます。

【本気で肌を白くしたい人必見】全身が美白になるケア方法を解説!

 

全身の美白方法

 

 

「肌を白くしたいけど、どうすればいいの?」

「もともと色白じゃないと白くするのは無理なの?」

 

美しい白いお肌って憧れますよね☆

肌を白くするためには、肌が黒くなる原因を知ることが重要です。

肌が黒くなる原因が分かれば、その原因を取り除くことで、透明感のある白いお肌を手に入れることができます。

このページでは、全身のお肌を白くする方法、肌が黒くなる原因などについて詳しく紹介しています。

 

 

 

このページで分かること

☑ 肌が黒くなる原因について

☑ 美白に効果的なスキンケアについて

☑ 美白に効果的な死体船対策について

☑ 美白に効果的な栄養素(食事)について

☑ 美白に効果的な生活習慣について

 

 

 

 

 

全身の美白におすすめのシーボディ「ミネラルボディシャインジェル」はこちら

 

シーボディの「ミネラルボディシャインジェル」は、1本で美白&黒ずみケアができるボディジェルです☆

日焼けによるダメージも、ミネラルボディシャインジェルでケアすればメラニンの生成を抑制し、シミやそばかすを防ぎます。

もちろん、全身の美白ケアにも使えますよ◎

 

 

 

全身美白ケアの前にお肌が黒くなる原因について

 

肌が黒くなる原因について

 

 

日焼け止めは塗っているのに、気づいたら黒くなっていた・・・なんてことはありませんか?

夏は日焼け止めをしっかりと塗っていても、涼しくなると日焼け止めを塗るのを忘れてしまう・・・なんてこともありますよね。

紫外線は、1年中降り注いでいます。

では、お肌が黒くなる原因について詳しく紹介しますね☆

 

 

 

紫外線によるもの

紫外線

 

 

肌が黒くなる理由でもっとも多いのは、紫外線によって日焼けをしているケースです。

紫外線を浴びると、皮膚にあるメラノサイトという細胞が、黒色のメラニン色素を生成しますメラニン色素は紫外線を吸収して肌を守る役割がありますが、たくさん紫外線を浴びて大量に生成されると肌を黒くします。

紫外線は「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類あり、{UV-A」と「UV-B」の2種類が地上まで到達しさまざまなダメージの原因となります。

UV-Aはお肌の真皮層まで到達し、シミ・シワ・たるみなどお肌の老化の原因となります。

UV-Aを浴びるとお肌は黒くなります。

UV-Bは赤みやヒリヒリなどの炎症を引き起こし、お肌のバリア機能の低下・保湿力の低下・キメの乱れなどの原因となります。

UV-Bを浴びるとお肌は急性の赤みを引き起こし、数日たつと黒く変化していきます。

UV-A、UV-Bともに5月~9月頃にピークを迎えますが、1年を通して降り注いでいます。

日焼け止めに記載されているSPF値は、UV-Bを防ぐ指標とされています。

PA値はUV-Aを防ぐ指標とされており、季節や利用するシーン、肌質などの合わせて適切な数値の日焼け止めを選ぶ必要があります。

 

 

 

→おすすめのUVセラムはこちら

UVセラムミルク

 

イルコルポのミネラルUVセラムミルクは、ビタミンC誘導体・アルブチン・プラセンタなど31種類の美容成分をたっぷり配合し、お肌をしっかりと保湿しながら次第選によるダメージ化だお肌を守ります。

「SPF50+、PA++++」。

日焼け止め特有の乾燥やベタツキがなく、お顔はもちろんボディーにも使えます。

乳液のようにサラっとしたテクスチャーで肌馴染みが良いため白浮きもありません。

無添加で安心☆

 

 

 

 

 

元々メラニンの色素量が多い(地黒)

 

メラニン色素

 

肌の色は人によって白い人もいれば黒い人もいますよね。

これは、皮膚に含まれるメラニン色素の量が関係しているといわれ、もともとメラニン色素量が多いと肌の色は黒く見えます。

 

生まれ持った肌色を変えるのは難しいですが、地黒だからと諦めて対策をとらずにいると、さらに黒くなってしまうことがあるので気をつけましょう。

美白を意識した紫外線対策やスキンケアで、透明感のある肌を目指してくださいね。

 

 

 

 

 

乾燥や肌荒れによるお肌のくすみ

 

肌のくすみ

 

肌が黒くなったように見えるのは、くすみが原因の可能性もあります。

肌のくすみは、乾燥や血行不良、角質肥厚などが要因となって、肌のトーンが暗く見えている状態です。

潤いのあるお肌は角質が整い凹凸がありませんが、乾燥すると角質層に水分が不足することでキメが乱れ凹凸ができてしみます。

凹凸によりお肌に影ができる事で暗く見えてしまいます。

角質層に水分が満たされていない状態(乾燥)になると、肌のバリア機能が低下し肌荒れなどの原因となります。

肌荒れ(炎症)が起きるとメラニンが生成され、シミやくすみの原因となるため、保湿をしっかりと行うことでくすみの解消に繋がります。

 

また、紫外線を浴び続けると、多くのメラニン色素が生成されて色素沈着を起こすことがあるため、年齢を重ねるごとに肌のくすみが強くなる場合も

ストレス・睡眠不足・保湿不足・紫外線など、さまざまな影響を受けて起きているケースもあるので、美白ケアと一緒に生活習慣を見直してみましょう。

 

 

 

 

お肌を白くする方法

 

全身の美白ケア方法

 

 

女優さんのような美白肌になりたい!そんな願いを叶えるなら、日常的なケアが大切です。

おすすめの美白ケア方法をご紹介するので、ぜひ実践してみましょう。

 

 

 

 

美白化粧品を使用する

 

美白化粧品には、メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防いだり、ターンオーバーを促して肌の生まれ変わりをサポートしたりする美白成分が含まれているものがあります。

 

 

【代表的な美白成分】

ビタミンC誘導体
アルブチン
新安定型ハイドロキノン
トラネキサム酸
コウジ酸

 

 

 

化粧水や乳液などの基礎化粧品、オールインワン化粧品、パック、ボディクリームなどたくさんの美白アイテムがあるので、毎日のスキンケアに活用してみましょう!

 

 

 

→高濃度のビタミンC配合!おすすめのスキンケアはこちら

VCローション

 

シーボディのVCローションは、ビタミンC誘導体(VC200)を配合。

VC200は、即効性+持続性が高く、24時間後にビタミンC誘導体の供給量が200倍に!

ビタミンCをサポートするビタミンA、ビタミンEもたっぷり配合。

お肌の炎症を抑える薬用成分が3種類も配合。

スクワラン、セラミド、プラセンタなどの保湿成分もたっぷり。

肌荒れやニキビ予防はもちろん、お肌のくすみやシミなどの予防にも効果的です。

 

 

 

 

 

 

保湿ケアを欠かさない

 

美白を目指すには、保湿ケアをして肌の乾燥を防ぐことも大切です。乾燥するとターンオーバーが乱れてメラニンが排出しにくくなり、肌のくすみやシミの原因になることも。

効率よく美白ケアをするなら、美白成分と保湿成分の両方が配合されたアイテムを選ぶのがおすすめです。

 

 

【代表的な保湿成分】

ヒアルロン酸
コラーゲン
スクワラン
セラミド

 

 

 

美白成分の効果を十分に発揮させるためにも、肌にたっぷりとうるおいを与えて、肌の調子を整えましょう。

 

 

 

 

 

ピーリングやゴマージュで古い角質を落とす

 

ピーリングやゴマージュは古い角質を落として、肌のターンオーバーを促す効果が期待できます。

古い角質を取り除くことで、スキンケアアイテムの浸透力もアップできますよ。

くすみがなく透明感のある美白肌を目指すために、1〜2週間に1度のスペシャルケアとして取り入れてみてくださいね。

 

 

 

 

 

正しい洗顔を行う

スキンケアの基本は洗顔からです!

間違った方法で洗っていると、乾燥やシミ、くすみの原因になることがあるので、正しい洗顔方法を覚えておきましょう。

 

 

【正しい洗顔方法】

 

①洗顔の前に手を洗って汚れを落とし、ぬるま湯を顔を軽くかけて濡らしておきましょう。

②洗顔料を手に取り、たっぷりと泡立てましょう。キメの細かいもっちりとした泡にするのがポイントなので、泡立てネットを使うのもおすすめです

③泡を肌にのせたら、ゴシゴシとこすらないように注意して優しく洗います。時間をかけすぎると乾燥の原因となるので、素早く丁寧に洗顔しましょう。

④泡を落とすときは、肌に負担をかけないようにぬるま湯ですすぎます。髪の生え際やフェイスラインなどに洗い残しがないように気をつけて、しっかりとすすいでくださいね。

⑤タオルで顔を拭くときは、優しく押し当てるように拭いてください。洗顔後はすぐに化粧水や乳液などでスキンケアをしましょう。

 

 

 

 

 

 

ビタミンCを摂取する

 

ビタミンCには強力な抗酸化作用があり、シミやくすみなどの肌トラブルから肌を守る働きがあります。

メラニンの生成抑制・できてしまったシミを薄くする・コラーゲン生成のサポートなどの作用があるので、美白を目指すならビタミンCを摂取しましょう。

ビタミンCの1日の摂取基準量は、成人女性・男性ともに100mgとされています。

サプリメントで補うこともできますが、バランスの良い食事を心がけていれば不足する心配はありません。

 

 

【ビタミンCを多く含む食材】

 

 

アセロラジュース:120mg
赤ピーマン:170mg
黄ビーマン:150mg
芽キャベツ:110mg
ゴーヤ:76mg
ブロッコリー:54mg
レモン:100mg
キウイフルーツ:69mg
いちご:62mg※100g当たりのビタミンCの含有量

 

 

 

 

ただし、一定以上の量を体内に溜めておけないので、ビタミンCを含む食べ物を3食に取り入れて、こまめに摂取してくださいね。

 

 

 

 

 

 

紫外線対策を行う

 

美白をキープするには、紫外線によるダメージを予防する必要があります。

紫外線は肌を黒くするだけでなく、しわやたるみなど肌トラブルの元凶になるので、しっかりと紫外線対策を心がけてくださいね。

 

 

【紫外線対策のポイント】

 

①外出時は日焼け止めを塗り、汗をかいたらこまめに塗り直しましょう。

 

②UVカット効果のある日傘・サングラス・カーディガンなどを活用しましょう。

 

③太陽が見えなくても紫外線は降り注いでいます。曇りの日でも紫外線対策をきちんとしましょう。

 

 

 

 

 

 

 関連ページ:【肌を白くする方法は?】美白の方法を厳選紹介!食事やスキンケア

関連ページでは、ライフスタイルやスキンケアなどの美白方法について詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

編集部おすすめイルコルポ美白ケア商品!

 

シーボディのイルコルポシリーズには、美白ケアにぴったりのアイテムが揃っています。

編集部おすすめの3つの商品をチェックしてみましょう!

 

 

 

 

ミネラルボディシャインジェル

価格:6,050円(税込)

容量 :  200g (約1ヵ月分)

 

ミネラルボディシャインジェルは、色素沈着が起こるメカニズムに着目し、紫外線を浴びた肌を徹底ケアする美白ジェルです。

プラチナナノコロイド・フラーレン・プラセンタ・ビタミンC誘導体・アルブチンなど美容液成分を配合。

顔・体に使えるので、お風呂後のスキンケアにぴったりですよ。

→詳しくはこちら

 

 

 

 

 

ミネラルボディクリーム

価格:5,500円(税込)

容量 :  200g (約1ヵ月分)

 

ミネラルボディクリームは、スリミング効果が期待できるブドウつるエキス・3種の海藻エキス・6種のスリミングエキスを配合したボディクリームです。

ヒアルロン酸の17倍の効果があるとされるヒアロベールやコラーゲンといった潤い成分、マカダミアナッツ油、シアバターなどの保湿成分も含まれているので、美白ケアに必要な乾燥ケアをしながらすっきりボディを目指せます。

→詳しくはこちら

 

 

 

 

 

ミネラルUVセラムミルク

価格:6,050円(税込)

容量:容量 : 80g

 

しっかり日焼け対策するなら、肌なじみがよく乳液のように使える日中用UV美容液「ミネラルUVセラムミルク」がおすすめです。

国内最高基準「SPF50+/PA++++」の防御力で紫外線をブロックし、プラチナナノコロイド・ビタミンC誘導体・アルブチン・3種の海藻エキスなど31種類の美容成分が配合しているので紫外線対策だけでなくスキンケアもできます。

日焼け止めの乾燥やベタつきが苦手な人でも使いやすいアイテムです。

→詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 関連ページ【色白になりたい!】色白肌になるスキンケア&メイクを徹底解説

関連ページでは、色白肌になるためのスキンケアやメイク方法について詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくささいね。

 

 

 

 

 

全身のお肌を白くする方法まとめ

 

肌が黒く見える原因には、紫外線やもともとのメラインン色素の量、肌のくすみなどさまざまな理由が考えられます。

人によって原因は違いますが、美白ケアは紫外線対策とスキンケア、肌を良い状態にキープするために必要な栄養を摂取することが大切です。

今回解説した美白ケア方法やおすすめのシーボディ商品を参考にして、透き通るような透明感のある肌を目指してくださいね!

 

肌が黒くなる原因は、【紫外線によるもの】【メラニンの色素量の多さ】【肌のくすみ】
美白ケア方法には、【美白&保湿成分配合の化粧品】【ビタミンCを摂取する】【紫外線対策をする】などがある
美白ケアには、イルコルポの商品がおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 関連ページ:【栄養士監修】透明感を取り戻す!美白に効果のある食べ物とNG食品

関連ページでは、美白効果のある食べ物・NGな食べ物について詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

参考ページ:医薬部外品・化粧品による白斑等の副作用に関する対策について(厚生労働省)

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

美容ライター・専門家紹介

編集部

編集部

シーボディは、1990年に日本で創立され30年近くにわたり、日本発のボディケアブランドとしてパイオニアの「イルコルポ」をはじめ、スキンケア・ヘアケアにいたるまでのビューティプロダクツを生み出してきました。お客様に長く愛される商品を目指し、科学的根拠のある成分にこだわり、使い心地がよく、確かな実感とともに気持ちが豊かになるような商品づくりを行っています。「SiBODY Beauty Tips」では、より効果的に気持ち良く商品を使うための正しい使い方や、お悩みの解決方法、知って得する美容法や美容成分など、商品だけではお伝えしきれていなかったキレイのヒントをお届けします。

 美容ライター・専門家一覧

この記事も一緒に読まれています

  • ひざケアしてる?絶対役立つ膝の黒ずみの原因とケア方法をご紹介!

  • 「美白に効果のある成分を徹底リサーチ!1番効果のある美白成分とは?」

  • プチプラもご紹介!本当に美白になるおすすめボディクリーム10選

  • 乾燥性敏感肌を最短で改善する正しいスキンケア方法!原因と対策を解説

  • 【おしりのぶつぶつが気になる】お尻にブツブツができる原因と治し方

  • デリケートゾーンの黒ずみをケアできる市販の石鹸&ジェルクリーム