sibody
  1. 【公式】シーボディ-SiBody
  2. Beauty Tips Top
  3. スキンケア
  4. 【おしりのぶつぶつが気になる】お尻にブツブツができる原因と治し方

【おしりのぶつぶつが気になる】お尻にブツブツができる原因と治し方

 2019/03/25 スキンケア
この記事は約 8 分で読めます。

お尻にできるニキビのようなブツブツ。女性なら一度は悩んだことがあるでしょう。

この記事ではお尻にできるブツブツの原因と、治療のためのヒップケア方法を解説していきます。

真っ白で柔らかいマシュマロ美尻を目指せる、おすすめのスキンケア商品もご紹介します!

 

 

おしりのブツブツとお尻ニキビの違いは?

お尻にできるニキビは、お尻の毛穴に汚れが詰まり、皮脂汚れやアクネ菌が炎症を引き起こしているものが原因。

ニキビの中にもさまざまな種類がありますが、お尻にできやすいニキビとしては、毛穴の炎症がみられる「赤ニキビ」、毛穴に膿がたまる「黄ニキビ」があげられます。

 

顔にできるニキビとは異なりニキビケアが難しいことから、どうしても治りにくくなってしまいます。

特にお尻は、蒸れて不衛生になることが多く、摩擦も大きい部位なので、雑菌が繁殖しやすい環境が整ってしまうのです。

 

また、ニキビ以外には粉瘤(アテローム)と呼ばれる皮膚疾患やおできが発生しやすくなります。

 

<粉瘤(アテローム)>

こちらはニキビと違って黒っぽいブツブツができるのが特徴で、数ミリから数センチの大きさがほとんどです。

初期の頃は、ブツブツは目立たず、触るとしこりのようなものが感じられます。

そのブツブツができている皮膚内部の袋状の空間に、古い角質や皮脂汚れなどが溜まっている状態です。

ここに細菌が入り込んで感染すると、痛みや発熱を伴う腫れに変化します。

 

 

<おでき>

おできは毛穴の深層部で細菌に感染することで赤く炎症を起こすものを指し、ニキビは皮脂汚れなどが詰まって毛穴の表面の近いところで炎症を起こすものを指します。

ニキビとよく間違われがちですが、どこで炎症を起こすかによって区別できるので混同しないようにしましょう。

茶色っぽいブツブツが現れる場合には、もしかすると「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」という皮膚疾患の可能性もあります。

これは毛穴に角質が詰まって発症する角質異常の状態です。

 

このようにお尻にできるブツブツは、ニキビ以外にもさまざまな疾患が考えられます。

中には「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」のように、皮膚科医や形成外科医による治療が必要になるものもあります。

長引く痛みや強い刺激を感じる場合には、すぐに病院を予約するようにしましょう。

 

 

おしりぶつぶつの原因

では、お尻にできるブツブツはどのような原因で発生するのでしょうか?

その原因をしっかりと知ることで、ニキビや皮膚病を改善したり、症状を軽減したりすることもできます。ここでは3つの原因について見ていきましょう。

 

 

皮膚摩擦

お尻にぶつぶつができてしまう第一の原因は、下着や衣類などによって摩擦ダメージが発生してしまっていることが考えられます。

サイズの合わない下着やストッキングなどを履くことで、お尻の肌にダメージを与えている状態です。

 

固いフローリングに座ったり仰向けで横たわったりすることで、床との摩擦が発生することも多くあります。

またはボディソープや石鹸の刺激が強く、皮膚にストレスを与えていることも考えられます。

 

このような刺激が慢性化すると、角質層が厚くなり皮膚の防衛反応を招いてしまいます。

すると古い角質が肌のターンオーバーを妨げ、色素沈着やブツブツの原因になってしまうのです。

 

 

ムレによる細菌の繁殖

お尻は、下着や衣類によって蒸れが発生しやすい部分でもあります。

通気性が悪くなると細菌やウイルスが繁殖しやすくなるため、ニキビやブツブツの原因になってしまうのです。

 

特に生理中は、ナプキンによる蒸れが加わり、血液が陰毛に付着することで不衛生な環境に拍車をかけてしまうことになります。

経血が細菌の栄養源となってしまい、肌トラブルを引き起こすリスクがさらに高まります。

 

 

自己処理による肌負担

自分でムダ毛の処理を行うことで、お尻の周りの肌に必要以上の負担をかけてしまうことも少なくありません。

カミソリによって肌を傷つけてしまうと、細菌が侵入しやすくなったり炎症を起こしやすくなったりしてしまいます。

すでにできているブツブツを悪化させたり、ニキビの原因にもなってしまうので、できるだけ専門のサロンなどでムダ毛を処理するとよいでしょう。

 

 

ブツブツを治すために気をつけたいケア方法

ブツブツができてしまう原因がわかったら、次にそのブツブツをどのようにケアしていけばいいか確認しましょう。

お尻ケアのポイントとなるのは、通気性と清潔を保つこと、そして肌にいい生活習慣を身につけることにあります。

 

 

触らない

お尻にぶつぶつができると、どうしても気になって触ってしまったり引っ掻いてしまうことがあるはずです。

しかし指先や爪にはたくさんの雑菌が付着しているもの。それがお尻の肌に移ってしまうと、ターンオーバーを妨げたり炎症の引き金になってしまったりします。

ですので、たとえぶつぶつができてしまって気になるとしても、手で触ることは控えるようにしましょう。

 

 

肌摩擦を避ける

サイズの合わない下着や衣類を履くことで、お尻の肌に摩擦ダメージを与えてしまうことになります。

締め付けの強い下着類はもちろんですが、サイズが大きすぎる衣類も好ましくありません。余分な生地が、肌との摩擦を引き起こす可能性が高いからです

 

なるべく自分のサイズにあった下着や衣類を身につけて、摩擦を予防するようにしましょう。

その際には、化学繊維よりも天然素材を使った衣類を選んだ方が、通気性を確保して肌のダメージも最小限に抑えることができます。

 

 

通気性を考慮する

働く女性には難しいかもしれませんが、オフの日だけでも通気性のいい素材の衣類を着ると良いでしょう。

イスやクッションなどにお尻を密着させることも、通気性の観点からはあまり良くありません。座る時間をできるだけ減らすと肌の刺激を軽減することができます。

暑くてジメジメする日や、エクササイズをした後などは、早めにシャワーを浴びて清潔なお尻を保つこともポイントですよ。

 

 

肌代謝に良い栄養素を摂る

正常な肌のターンオーバーのためには、バランスの良い栄養素が不可欠。砂糖や油の摂り過ぎは、毛穴の詰まりや皮脂汚れの原因にもなりますので控えるようにしましょう。

 

野菜や果物に含まれる食物繊維やビタミン、魚や卵に含まれる良質なタンパク質や脂質が美しい肌を形成してくれます。

どうしても間食やお菓子を食べたいと感じるのであれば、食物繊維豊富で栄養素たっぷりのナッツを選ぶと良いでしょう。

油で揚げておらず、塩も使っていない素焼きナッツがおすすめです。

 

 

クリームでしっかり保湿する

【イルコルポ/ミネラルボディシャインジェル

 

お尻のブツブツに特化した保湿クリームを使うことも重要です。

ミネラルボディシャインジェル 」のような商品を使うことで、肌のターンオーバーを促し、お尻の肌ダメージを軽減することが可能です。

 

お尻のブツブツが原因でできてしまった黒ずみや色素沈着も、このクリームひとつでお尻ケアできるのが大きなメリット。

子供にも安心して使えるので、敏感肌の人でも毎日使い続けることができますよ。

 

 

お尻のブツブツを改善して美尻をゲットしよう

この記事では、お尻にブツブツができる原因や尻ニキビとの違い、自分でできるケア方法などをご紹介してきました。

気になるお尻のブツブツも、その原因とケア方法がわかれば怖くありません。

サロンを利用して、尻にきび治療や尻ニキビ改善コースを受けるのもいいですが、その前に自宅でできるお尻ケアを試して、理想の美尻を手に入れましょう。

 

 

まとめ
・お尻のブツブツは、ニキビ以外にも粉瘤やおできが考えられる。

・摩擦、蒸れ、ムダ毛処理による肌ダメージが、お尻のブツブツの原因。

・肌を清潔に保ち、肌に良い食習慣を身に付けることでブツブツをケアできる。

・クリームを併用して、入念に保湿ケアを行うことも大切。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

美容ライター・専門家紹介

編集部

編集部




シーボディは、1990年に日本で創立され30年近くにわたり、日本発のボディケアブランドとしてパイオニアの「イルコルポ」をはじめ、スキンケア・ヘアケアにいたるまでのビューティプロダクツを生み出してきました。お客様に長く愛される商品を目指し、科学的根拠のある成分にこだわり、使い心地がよく、確かな実感とともに気持ちが豊かになるような商品づくりを行っています。「SiBODY Beauty Tips」では、より効果的に気持ち良く商品を使うための正しい使い方や、お悩みの解決方法、知って得する美容法や美容成分など、商品だけではお伝えしきれていなかったキレイのヒントをお届けします。

 美容ライター・専門家一覧

この記事も一緒に読まれています

  • 【黒ずみ悪化の対処法】プロが教える原因と正しい対策法をご紹介!

  • 【必見】下地にも使える!最新日焼け止めおすすめランキング12選

  • 【効果的に痩せる方法】皮下脂肪を落とす運動・生活習慣のメニュー

  • 剥くべき?放置すべき?日焼け後の皮むけの正しい対処法をご紹介!

  • 【悩まないで】vio・デリケートゾーンの黒ずみ原因とケア方法は?

  • 治らないニキビの解消法!大人ニキビ・思春期ニキビタイプ別お手入れ法