sibody
  1. 【公式】シーボディ-SiBody
  2. Beauty Tips Top
  3. ダイエット
  4. 飲み物だけでプチ断食!おすすめの飲み物や正しいやり方を徹底調査!

飲み物だけでプチ断食!おすすめの飲み物や正しいやり方を徹底調査!

ダイエット
この記事は約 10 分で読めます。

固形物を口にせず、飲み物だけで過ごすプチ断食。

飲料だけにして断食することで、胃腸を休息させ体調を整える効果が期待できます。

プチ断食であれば、週末を利用して行えるため、忙しい女性たちにもおすすめです。

今回の記事は、飲み物だけで行うプチ断食の正しいやり方を徹底調査しました。

 

プチ断食の効果

プチ断食(ファスティング)は、短期間で女性に嬉しい美肌効果をはじめダイエット効果などをもたらしてくれます。

週末を利用して集中的に行う短期ダイエット方法としても人気があり、食品を摂取しないことで胃腸を休めて老廃物を排出する効果も期待できます。

それでは、詳しいプチ断食の効果を解説していきましょう。

 

美肌効果

プチ断食をすることで胃腸に蓄積された老廃物を排出し、代謝を良くして免疫力を高める効果が見込めます。

食事をしないことで、内臓の代謝酵素を活性化して新しい細胞造りに貢献させることができるのです。

それにより、肌の生まれ変わりを助け美肌効果を高めてくれます

 

ダイエット効果

食事を摂らないことで摂取カロリーが抑えられ、ダイエット効果に繋がります。

プチ断食は期間が短いため、体に大きな負担をかけずに体重を落とすことができます。

プチ断食には代謝アップ効果があるため、蓄積された脂肪を燃焼する可能性を高めることができるのです。

 

便秘改善効果

プチ断食のデトックス効果によって、腸内の老廃物を排出する効果があります。

空腹を感じることで、腸の動きを促すモチリンという酵素が分泌されるためです。

便秘を起こす要因として可能性があるのが、腸の活動が低下していることです。

疲れて動きが悪くなった腸を休ませることで、本来の機能を取り戻す効果が期待できます。

 

食生活の改善

普段気にしていない食習慣を、プチ断食することで見直すことができます。

何となく口にしていた間食の多さや、本格的な空腹感など食に関する感覚をリセットすることができるのです。

プチ断食後には、満腹感を感じやすくなったり食事に関する感覚が変わることがあります。

 

胃腸を休ませる

食事を消化するために胃腸が活動する時間はおよそ8時間必要です。

もし、食事の間隔が8時間以内である場合には絶えず胃腸が活動していることになるのです。

プチ断食で腸疲労を改善することで、他の臓器の働きにも良い影響を与えて疲労回復などへの効果も見込めます。

 

コンビニでも買える!プチ断食におすすめの飲み物

実際にプチ断食を始めるときには、特別な飲料を用意しなくてもコンビニで買えるアイテムを使用するのもおすすめです。

市販で売っているものや自分で作れるものまで、プチ断食におすすめの飲み物を、7つ紹介します。


水やお茶(麦茶・烏龍茶・ハーブティーなど)

水やお茶は制限しないで補給して欲しい飲料です。

断食だからといって水分を制限してしまうと、体調を崩す要因となります。

水分不足は脱水や便秘の原因となり、デトックス効果を低下させてしまう要因にもなるのです。

ただしお茶には利尿作用があり、飲んでも排出される量がその分増えます。

そのため、水分補給の水と併用してお茶を取り入れるようにして下さい。

 

スープ

温かいスープには空腹を和らげて胃腸を温める効果が期待できます。

胃腸を温めることで活動を活発化させて、老廃物の代謝を促す効果も期待できるのです。

スープを作るときには薄味を意識して作りましょう。

 

野菜ジュース

栄養補給にも役立つ野菜ジュースは、プチ断食の人気飲料です。

市販品には糖類が含まれている場合も多く、また酵素やビタミン量が少なめというデメリットも。

ビタミン豊富な野菜ジュースを摂取するなら、手作りするのがおすすめ。

糖質の少ないトマトアボカドを使用するとよいでしょう。

野菜を使ったスムージーは、朝食としてもおすすめです。

 

豆乳

豆乳にはタンパク質やイソフラボンなど、ダイエット中の女性に嬉しい栄養素が含まれています。

また、豆乳を摂取することで水分補給だけに比べて空腹感を緩和させる効果が見込めます。

 

味噌汁(市販はNG)

温かい飲料として、具なしの味噌汁もおすすめです。

発酵食品である味噌にも、イソフラボンやタンパク質といった良質な栄養素が含まれています。

ただし、市販品では塩分量が高く栄養価も期待できないため手作りするのが良いでしょう。

使う味噌は、糖質の少ない赤味噌豆味噌がおすすめです。

熱いお湯で味噌を溶くと、栄養素が壊れてしまうため60度程度を目安に味噌を溶いて下さい。

具なし味噌汁の作り方

  1. 出汁をとる(麦茶ポットを利用して、昆布などの出汁の材料と水を入れて6時間ほど冷蔵庫に入れておけば出汁が取れます)
  2. 出汁を60度程度にあたためて味噌を溶く(出汁700mlに味噌大さじ1〜2程度)

 

プロテインドリンク

断食中にタンパク質を補うことで、代謝を落とさずに脂肪を効率よく燃やす効果が期待できます。

そのため、タンパク質豊富なプロテインドリンクはプチ断食中にもおすすめのドリンクといえるでしょう。

飲み口がもったりとしてスムージーのようなので、プチ断食中でも満足感が感じられるドリンクです。

タンパク質補給にヨーグルトと考えることもできますが、動物性脂肪がやや高いためプロテインドリンクがおすすめです。

プロテインドリンクの作り方

  • 市販のホエイプロテインの粉末を20〜25g
  • 甘酒(米と麹使用のもの、糖分がはいっていないもの)100ml
  • 無調整豆乳300ml

上記をシェイカーやジャーに入れてよくシェイクします。

 

酵母ドリンク

コーボンマーベルN525

  • 価格:4,800円(税抜)
  • 内容量:525ml

腸内環境を整えて、プチ断食のデトックス効果をアップさせる酵母ドリンクもおすすめです。

酵母とは、酵素を作るために欠かせない微生物のことで食物繊維に似た膜の影響で胃酸や熱に強いことが特徴です。

そのため、酵素を作りながら体のなかでしっかりと活躍するため酵素ジュースよりも効果的と考えられます。

また、酵素ジュースの独特の味が苦手という人にもおすすめのドリンクです。

「コーボンマーベルN525」には18億(1回20ml中)もの酵母が含まれており、便秘の解消や肌トラブルの改善も期待できます。

 

飲み物だけでプチ断食する正しい方法

飲み物だけを用いたプチ断食には、正しいやり方があります。

やり方を間違えてしまうと、体調を崩したり思ったような効果を感じない可能性もありますので、確認してから行いましょう。

 

準備食期間

断食を始める前日には、準備期間として準備食を用意するのが一般的です。

準備食を摂取する目的は、胃腸を整えてプチ断食の効果を高めることが期待できるためです。

急に食事をカットする断食法では、体に負担がかかりプチ断食の効果を最大限に得ることができません。

準備期間を1日以上とって、胃腸に負担がかかりにくい食生活を送りましょう。

【準備食期間のポイント】

  • 準備食期間を1日〜2日設ける
  • 1日3回規則正しく食事を摂る
  • カロリーの高い物や脂っぽいものは避ける
  • カフェインやアルコールなどの刺激物を避ける
  • 夕食は腹八分目を心がけて、20時以降は固形物の摂取を控える

 

断食期間

飲み物だけで過ごすプチ断食期間は、1日〜2日が相当です。

初めてのプチ断食は、1日から始めるようにして下さい。

何度か繰り返し行い、体調の変化などを考えながら日数を伸ばすようにしましょう。

【断食期間のポイント】

  • 飲み物以外の食材は摂取しない
  • 1日3食と仮定して、食事を飲み物に置き換えるスタイルでやるなど自分なりのルールをはじめに決める
  • 水は1日1.5ℓ以上摂取する
  • 飲む水の種類はナチュラルミネラルウォーターがおすすめ
  • 空腹感を感じたら豆乳など、腹持ちのよい飲料を摂取するのもOK
  • 体調不良を感じたら、断食をストップする

 

回復食期間

断食期間が終了したら、回復食期間をとりましょう。

回復食期間はプチ断食で休んでいる内臓を起こし、通常の状態へ徐々に戻すことを目的としています。

回復食では胃腸に優しい食事を心がけるのが原則ですが、エネルギー源となるお粥やうどんなどの炭水化物を摂取することで、リバウンド率が高まる可能性があり注意が必要です。

また、回復食では腸内環境を整えるために酵母ドリンクを使用すると一層高い効果が見込めます

【回復食期間のポイント】

  • 回復食の期間は1日〜4日程度とるのがおすすめ
  • 普段よりしっかり噛んで胃腸にかける負担を減らすように心がける
  • 腸内環境を整えるため、乳酸菌や酵素などを意識して取り入れる
  • 「まごわやさしい」を中心とした献立で過ごす

※まごわやさしい

ま→豆類(納豆・豆腐など)

ご→ごま

わ→わかめなどの海藻類

や→野菜

さ→魚や貝

し→しいたけなどのキノコ類

い→いも類

 

プチ断食中にとってはいけない飲み物

飲み物だけで過ごすプチ断食では、避けておきたい飲料があります。

以下に挙げる飲料は準備期間や回復期間にも避けるのが理想的です。

 

コーヒー・紅茶

ストレス解消効果も見込めるカフェインを含んだ飲料は、腎臓や肝臓に負担のかかる飲み物です。

毎日コーヒーや紅茶を飲む習慣のある人も、断食期間中は避けるようにしましょう。

胃腸を休めて本来の機能を取り戻すための断食ですから、内臓の働きを促すカフェインの摂取はやめて下さいね。

 

牛乳

動物性脂肪が含まれている牛乳は、消化に時間がかかり負担をかける飲み物です。

また、カロリーも高いためダイエット中には避けたい飲料でもあるんですよ。

毎日牛乳を飲む習慣がある場合には、豆乳に変えることでカロリーを抑えて体にも優しいのでおすすめです。

 

プチ断食におすすめの飲み物を取り入れて効果を倍増させましょう!

飲み物だけで行うプチ断食は、断食期間が2日以内であるため社会人でも週末に取り入れやすいダイエット習慣です。

プチ断食は普段の食習慣の見直しや胃腸を休めるなど、ダイエットやデトックス以外にも嬉しい効果があります。

 

準備期間食と回復期間食は、プチ断食成功に欠かせないものです。

手軽に始められるからといって突然スタートさせてしまうと、効果を得られないばかりか体調を崩してしまう可能性も。

正しいやり方を守って、効果的なプチ断食を行って下さいね。

 

まとめ

  • プチ断食の効果は、ダイエットだけでなく胃腸を休めて本来の機能を取り戻し、デトックス効果も高められる
  • 水以外の飲み物として、ノンカフェインのお茶や温かいスープや具なし味噌汁もおすすめ
  • 酵母ドリンク(コーボンマーベルN525)を使用すると、腸内環境を整えて便秘や肌荒れ解消に効果が見込める
  • プチ断食では断食中の前後に、準備食期間と回復食期間を設ける
  • 断食中はコーヒーなどのカフェインや、牛乳などの動物性脂肪は避けるのがベター

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

美容ライター・専門家紹介

松原 幸代

松原 幸代

美容に関する記事をはじめとするライティングを行っているキャリアママライターです。
美容に関することは自身で実践するスタンスで、日々メイクと美肌を主に追求しております。
ナチュラル志向で、体の内側から綺麗になるレシピやアイテムの情報も得意分野です。
年齢を重ねても輝ける女性であるために、お役に立てられるような情報を発信していきます!

 美容ライター・専門家一覧

この記事も一緒に読まれています

  • 【1週間で美脚】脚やせに効く簡単リンパマッサージの方法を伝授

  • 短期間でくびれをつくる!ぷよぷよ脇腹に効果があるダイエット方法

  • お腹の脂肪を落とすには腹筋よりスクワットの方が効果ありって本当?

  • 【体質改善ダイエット】栄養士が教えるスッキリ痩せ体質になる食事法

  • 鼻の下ニキビの原因はこれ!痛くて目立つ鼻の下にニキビができる理由

  • 【必見】腹筋以外でお腹周りの脂肪を簡単に落とすダイエット方法!