sibody
  1. 【公式】シーボディ-SiBody
  2. Beauty Tips Top
  3. ダイエット
  4. 【栄養士監修】簡単にお腹の脂肪を落とすための食事法を徹底解説!

【栄養士監修】簡単にお腹の脂肪を落とすための食事法を徹底解説!

 2019/03/04 ダイエット
この記事は約 7 分で読めます。

美容に関する悩みのトップである「ダイエット」。

その中でも特に、おなか痩せをしたい!と考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし「お腹痩せはなかなか難しい」ということも周知の事実ですよね。

 

お腹痩せには運動も大切ですが、それ以上に食事や食べ方も重要なんです。

今回記事では無理なくお腹をスリムにするために気をつけたい食事方法について解説していきます。

 

お腹の脂肪が落ちにくい理由

痩せづらく、太りやすいというイメージのあるお腹周り。

なぜお腹の脂肪は落としにくいのでしょうか?その理由をみていきましょう。

 

皮下脂肪

お腹周りにつく脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類があり、女性が付きやすいのが「皮下脂肪」です。

皮下脂肪は、生活習慣病に直結しやすい内臓脂肪と違って病気への要因にはなりにくいのですが、ダイエットをしてもなかなか落ちにくいという特徴があります。

というのも、運動や食事制限などのダイエットではじめに効果が現れるのが内臓周りにつく「内臓脂肪」。

「内臓脂肪」が落ちた後に「皮下脂肪」が落ちるので、ダイエットを長期間継続しないと皮下脂肪へのダイエット効果は体感しにくいのです。

 

部分痩せできない

他の部分は保ったままでお腹だけ痩せたい!という人も多いですよね。

しかし、残念ながら狙った部分だけ脂肪を落とす「部分痩せ」は体の構造上難しいことなのです。

お腹の脂肪を落とすためには、全身の脂肪を落とすことが必要です。

 

内蔵を守る働きがある

女性のお腹の脂肪には、子宮や卵巣などの重要な臓器を守るという大切な役割があります。そのため男性と比べ女性はお腹周りに脂肪が付きやすい特徴があります。

 

お腹の脂肪を落とすための食事のポイント

ダイエットに必要なのが「食事制限」と「運動」です。

単純に消費カロリーが摂取カロリーを上回れば体重は落ちますが、間違った食事法や極端な食事制限は逆影響になりかねません。ダイエットの基本である食事の考え方についてご紹介していきます、

 

血糖値を安定させる

効率よく痩せるためには、血糖値を安定させることが大切です。

食後血糖値の上がりやすいパスタやピザ、ファーストフードなどを常食すると血糖値が乱高下しやすくなります。

体は血糖値が上がると、下げるために「インスリン」というホルモンを分泌します。インスリンには血中のブドウ糖を脂肪として体内に溜め込む働きがあるので、血糖値の変動が起こりやすい食生活を送っていると、必然的に太りやすくなってしまうのです。

これを防ぐためには、血糖値に影響しない低GI値の食品を中心に食べること、食事と食事の間に間食をとることが有効です。

これにより急激な血糖値の上昇を防ぐことができるので、インスリンの過剰分泌を抑えることができます。

とはいえカロリーオーバーしてしまっては元も子もないので注意してくださいね。

間食にはバナナやナッツ類、無脂肪ヨーグルトなどがおすすめです。

 

冷たい飲み物を避ける

ダイエット中は冷たい飲み物は避けたほうが無難です。

冷たい飲み物や食べ物によって内臓が冷えてしまうと、代謝機能が低下しやすくなります。

代謝を促進するためにも、常温もしくは温かい飲み物、体を温める効果のある食事で体を冷やさないよう注意しましょう。

 

糖質制限はやりすぎない

ダイエット効果が高い、と一大ブームになった「糖質制限」ですが、健康的に痩せるためにはある程度の糖質も必要なんです。

体脂肪を燃焼させるためには、体のエネルギー源である「糖質」は欠かせません。

また、行き過ぎた糖質制限は筋肉量を減らし代謝を低下させる恐れがあります。

もちろん摂りすぎも厳禁ですが、1日に1食程度はきちんと炭水化物(糖質)を摂った方がよいでしょう。

 

飲酒はなるべくさける

お酒のなかには、糖質過多のものもあるのでダイエット中の飲酒はなるべく避けた方が懸命です。

どうしても飲まなければならない場合は、ウィスキーや焼酎など糖質含有量が低いお酒を選ぶようにしましょう。

 

食事の際に気をつけること

脂肪の燃焼には筋トレや有酸素運動が必須ですが、さらに食事に気をつけることで運動やトレーニングの効果を促進することができます。ダイエット効果をUPする食事法をご紹介します。

 

野菜から食べる

血糖値の急激な上昇を防ぐためには、まずは野菜から食べることが大切です。

食事は「べジファースト」を心がけましょう。

野菜の中でも、淡黄色野菜・緑黄色野菜・キノコ類・海藻など食物繊維が豊富な食材がおすすめ。これらを先に食べることで、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

またヨーグルトにも同様の効果があるので、野菜が苦手…という人はヨーグルトを食前に食べてみてくださいね。

 

炭水化物は低GI値のものを選ぶ

ダイエット中といえども、健康的に痩せるには炭水化物(糖質)も必要です。

しかし、糖質のかたまりである炭水化物は選び方がとても重要。

炭水化物の選び方のポイントは「低GI値の炭水化物」を選ぶこと。

GIとは「グリセミック・インデックス」の略で、食後の血糖値の上昇スピードを表す単位です。

白米やお餅、うどんなどは高GI値ですが、蕎麦や玄米などは低GI値。

同じ炭水化物を摂るにしても、なるべく低GI値の食材から選ぶようにしましょう。

 

タンパク質をしっかり食べる

タンパク質は、筋肉や内臓、血液、髪、皮膚などの材料になるだけでなく、免疫抗体の原料になるなど体つくりのためには欠かせない栄養素です。

特にダイエット中は、タンパク質をしっかり摂取して筋肉量を増やし代謝を上げることが大切です。

 

よく噛み、時間をかけて食べる

食べ物をよく噛むことで、唾液の分泌が促進します。

唾液中には消化酵素が含まれるので食べ物の消化吸収を促進する働きがあります。

また咀嚼をすることで満腹感を得やすいので、ダイエット効果も高まります。

基本中の基本ですが、食事はよく噛んでゆっくり食べるようにしましょう。

 

ダイエットにおすすめ!コーボンマーベル

ダイエットには食事と運動が基本です。しかし、忙しい毎日を送る女性にとって運動や食事を完璧に行うことは難しいですよね。そこで強力な味方になってくれるアイテムが「酵素ドリンク」です。

酵素ドリンクには食べ物の消化を促進してくれる効果や、腸内環境を整え代謝をアップさせる働きがありダイエットに効果的な注目商品です。

 

第一酵母 コーボンマーベルN525|525ml 4,800円(税抜)】

「コーボンマーベル」は1950年から伊豆で作られているロングセラーの酵母飲料です。

厳選した5つの国産果物とてんさい糖、野草成分などを1年以上じっくり発酵させて作られています。1回分20mlには、なんと18億もの酵母菌が入っているんです!

この豊富な酵母によって腸内環境が整い、老廃物の排出が促進することによって、新陳代謝アップも期待できます。

同時に便秘の解消肌荒れの改善効果も期待できるのでおすすめですよ。

 

毎日の食事でお腹の脂肪を撃退しよう

健康的に痩せるには、食事習慣を見直すことが大切です。

カロリーを極端に抑えたり、特定のものだけを食べるようなダイエット方法もありますが、これでは筋肉量が落ちるだけで健康的なダイエットとはいえません。

また脂肪の燃焼には運動は必須です!

今回ご紹介した食事法と一緒に運動を取り入れて、効率的にお腹痩せを目指しましょう!

 

まとめ
  • 女性は皮下脂肪が多いので、お腹の脂肪が落ちにくい
  • ダイエットには「血糖値を一定に保つこと」「体を冷やすものを摂らないこと」「糖質制限はやりすぎないこと」「飲酒はなるべく避ける」ことが大切
  • 酵素ドリンクの力を借りることでより効率的にダイエットが目指せる

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

美容ライター・専門家紹介

池田 楓子

池田 楓子

栄養士・ヨガインストラクター・美容カウンセラー。
数々の女性向けメディアの監修も行わせていただいております。
美容・健康に関する情報を自身のキャリアから「本当に良いと思うもの」「皆さまに届けるべき情報」をお伝えしていきます。

 美容ライター・専門家一覧

この記事も一緒に読まれています

  • 即効で効くお腹痩せダイエット!簡単エクササイズやマッサージをご紹介

  • 【保存版】ダイエットに効果的な食べ物や運動まとめ!簡単に続ける方法も!

  • 正しい半身浴でドロドロ汗!痩せる効果アリといわれる理由とは

  • 【体質改善ダイエット】栄養士が教えるスッキリ痩せ体質になる食事法

  • セルライトの除去に効く!ボディケアとマッサージグッズおすすめ7選

  • ぽっこりお腹を撃退!ぽっこりお腹をペタンコお腹にする食事と筋トレ方法