sibody
  1. 【公式】シーボディ-SiBody
  2. Beauty Tips Top
  3. スキンケア
  4. 日焼け後のケア方法を美容のプロが解説!肌に優しいアフターケアとは

日焼け後のケア方法を美容のプロが解説!肌に優しいアフターケアとは

 2019/03/12 スキンケア
この記事は約 8 分で読めます。

暖かい季節にはバーベキューや海水浴など、アウトドアでの活動が多くなりますよね。

しかし、そうした楽しい時間の後に気になるのが、紫外線を浴びてしまったお肌への影響。

適切なケアを行わないと、肌はダメージを受けたままになってしまいます。

そうならないためにも、日焼けした肌には正しいアフターケアを行うことが大切です。

今回は、日焼け後の肌のためにできる優しいケア方法について解説していきます。

 

 

日焼け肌をそのままにしておくと

日焼け後は面倒で、ついついそのままにしているなんて人はいませんか?

日焼けした肌をケアせず放っておくことは、シミ・シワ・たるみなどのさまざまな肌トラブルの引き金になる可能性があります。

肌老化の主な原因は「紫外線によるダメージ」日焼け肌の放置は、老化を早めてしまう可能性があります。

 

 

毛穴が目立つ肌になる

紫外線が引き起こす肌への影響のひとつに「カルボニル化」というものがあります。

人が紫外線を浴びると、体内に活性酸素が発生します。この活性酸素は皮脂を酸化させ、その時に「アルデヒド」という分解物が作られます。

さらに「アルデヒド」がタンパク質と結びつくことで、肌がカルボニル化してしまうのです。

カルボニル化した肌は、くすみ・毛穴が目立ちやすくなります。

紫外線ダメージの蓄積によって、こうした肌のカルボニル化は進行していきます。

 

 

痛みやかゆみがでる

日焼け後しばらくヒリヒリした痛みやかゆみが続いた、という経験のある方もいると思います。

そうした肌は「日光皮膚炎」が起きている状態です。

ひどい場合は、水ぶくれや強い痛みがでることも。そのような症状がある場合は、早めに皮膚科医を受診しましょう。

そこまでの症状がなくても、紫外線を浴びた後の肌は敏感です。放置してしまうと、あとあと肌の乾燥やかゆみを引き起こすこともあります。

 

 

シミやそばかすができる

紫外線が肌に与える影響でもっとも気になるのが「シミ・そばかす」の発生ではないでしょうか。

紫外線を浴びると、体の内部では肌を守るために「メラノサイト」が活性化します。するとメラノサイトはメラニン色素を放出し、肌を黒くします。

通常はターンオーバーを繰り返すことでメラニン色素は排出され、時間が経てば肌の色は元に戻ります。

しかし、何度も紫外線を浴びているうちに、ターンオーバー機能の低下やメラニンの過剰分泌などが起こるようになります。結果、表皮にメラニン色素が沈着してしまい、シミやそばかすの原因となるのです。

 

 

シワたるみの原因になる

私たちの肌に影響を与える紫外線には、主にUV-AとUV-Bの2種類あります。

そのうちUV-Aは波長が長く、肌の奥の真皮まで到達します。

そのため、真皮層のエラスチンやコラーゲンを生成する役割を持つ「繊維芽細胞」にまで影響し、その働きを低下させてしまうのです。

その結果として、肌の弾力に不可欠なエラスチンやコラーゲンが減少し、肌のハリが失われ、シワたるみができやすくなってしまいます。

さらに、紫外線はコラーゲンなどを破壊する原因となる分解酵素も作り出します。

紫外線は肌のハリの材料であるエラスチンやコラーゲンの生成に影響するだけでなく、それ自体も破壊してしまうのです。

 

 

 

日焼け後の正しいケア方法

日焼けした肌を放置することは、百害あって一利なし!お肌のためには早めの対策が何よりも重要です。

そこで、まずは日焼け後の「正しい肌への対処方法」をご紹介します。

 

 

なるべく早く冷やす

日焼けはやけどの一種です。赤みやひりつきを感じる場合は、一刻も早く冷やしましょう。

手元に氷や保冷剤があれば、それを利用してまずは冷やします。日焼けのアフターケア用のジェルやローションも肌のほてりを鎮めるのに役立ちます。

帰宅後は、さらに冷やしたタオルや冷水シャワーで患部を冷やすことが大切です。そして、肌の汚れや日焼け止めを落としたら、最後に化粧水や乳液でケアすると良いでしょう。

 

 

クリームやパックでしっかり保湿する

日焼け後のアフターケア方法として大切なのは「保湿」です。

しっかり保湿を行うことで、肌のリカバリーを早めることができます。

特にアロエ成分の入ったものは消炎効果が高く、日焼け後の肌にはおすすめです。またプラセンタ・ヒアルロン酸・セラミドを多く含んだ保湿クリームなども良いでしょう。

ただし、水ぶくれなどのひどい炎症が起こっている場合は注意が必要です。クリームやパックが刺激になることもあるので、自己判断で使用する前に必ず皮膚科を受診しましょう。

 

 

ビタミンCを摂取する

メラニンの生成や沈着を抑えるためには、ビタミンCが有効です。

ビタミンCは、普段から積極的に摂ることが望ましい栄養素です。今後の日焼け対策や肌のコンディションを整えるためにも、ぜひ毎日の食卓に取り入れてください。

おすすめの食材はトマトをはじめとする緑黄色野菜。

また、なかなか食事からは難しいという場合はサプリメントを利用しても良いでしょう。

 

 

 

毎日の日焼け対策が大切!美肌を保つおすすめ商品

日焼け後のアフターケアももちろん大事ですが、美肌を保つには日ごろの対策も重要です。

そこで、毎日の紫外線対策におすすめのUVケアアイテムをご紹介します。

 

 

日焼け止めをしっかり塗る

紫外線の影響をカバーするためには、日焼け止めが欠かせません。ですが、毎日使うには肌への負担が心配ですよね。

そんな時は、スキンケアと日焼け止めが同時に叶うアイテムを使ってはいかがでしょうか。

 

 

シーボディ イルコルポ ミネラルUVセラムミルク|80g 5,500円(税抜)】

 

国内最高基準の「SPF50+/PA++++」を誇る高い防御力が特徴のUVミルクです。

日常の紫外線はもちろん、真皮への影響が心配なUV-Aもブロックしてくれます。

さらに「プラチナナノコロイド」「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「プラセンタエキス」「3種の海藻エキス」をはじめとした31種類もの美容成分が配合された、美容ケアアイテムとしても効果の高い商品。

紫外線吸収剤無配合なので、敏感肌の方でも安心して使用できます。伸びの良いテクスチャー、ユーカリ系の爽やかな香りで使いやすく、毎日のUVケアにおすすめですよ。

 

 

飲む日焼け止めを飲む

完璧なUV対策を望むなら、外側だけでなく内側からも対策しましょう。

さまざまなメーカーから販売されている「飲む日焼け止め」。その中でも元祖的存在なのが、以下にご紹介する「ヘリオケア」です。

 

 

【カンタブリア社 ヘリオケアピュアホワイト ラディアンスマックス240|5,630円(税抜)】

 

シダ植物から抽出された天然成分「フェーンブロック」が紫外線から肌を守ります。

世界の皮膚科学会でもきちんと効果の認められた、信頼性の高い日焼け止めサプリです。

効果の持続時間は、服用後30分~4時間程度。屋外での活動前の使用がおすすめです。

 

ヘリオケアシリーズには何種類かあり、この「ピュアホワイト」はアジア人向けの商品です。

他にもヨーロッパ圏で販売されている「ヘリオケア ウルトラD」、アメリカ圏の「ヘリオケア アンチオキシダント」などが存在します。

世界でも非常に人気の高いアイテムです。

 

 

美白化粧品でしっかり保湿する

日焼けが気になるのは顔も同じ。効果の高い美白コスメで、しっかり日焼け対策を行いましょう。

 

【シーボディ イデアアクト 徹底美白セット|13,400円(税抜)】

 

美白化粧水・美容液・ミルクの豪華美白アイテム3点セットです。

紫外線によって受けた肌ダメージに積極的に働きかける「ブライトセンサー処方」で美肌に導いてくれます。

美白美容液の「プラチナVCセラム」には、コラーゲンの産生やメラニンの抑制に優れた最先端ペプチド「TGP2」を配合。

高機能美白成分である「プラセンタエキス」や同じく美白効果のある「浸透型ビタミンC誘導体」なども配合されています。

さらには老化の原因である、活性酸素を除去してくれる「プラチナナノコロイド」も高配合。非常に高機能な美容液です。

お肌のための有効成分はたっぷり配合されていますが、香料や界面活性剤、鉱物油などは一切フリー。安心して使い続けられるスキンケアセットです。

 

 

毎日の日焼け対策が美肌に近づく一番の近道

紫外線がお肌に与えるダメージは非常に強力です。美肌のためには、なるべく紫外線からの影響を避け、毎日しっかりケアすることが大切です。

特に真夏の日差しをたっぷり浴びてしまった後は、速やかにアフターケアしましょう。

特に、日焼け止めや美白化粧品は毎日使うことをおすすめします。

しかし、常に使うアイテムは肌への優しさも大切。ぜひ自分のお肌に合ったお気に入りのアイテムを見つけて対策してくださいね。

 

 

 

 

まとめ
・日焼け後のダメージを残さないためには、早急なケアが重要

・紫外線はシミ・そばかす以外にも、シワやたるみなど肌老化の原因になる

・日焼け後は「冷やす」「保湿」「ビタミンC」でアフターケア

・肌老化を防ぐには、毎日の日焼け対策が大事。美白ケアアイテムやUVブロックアイテムを積極的に取り入れよう

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

美容ライター・専門家紹介

近藤 菜月

近藤 菜月

元美容部員・美容クリニックカウンセラー・スキンクリニックカウンセラーの経歴を持つ美容コンサルタント兼ビューティーライターです。
数々の女性向けメディアの監修も行わせていただいております。
美容・健康に関するトレンド情報や知って得できる情報を発信していきます。

 美容ライター・専門家一覧

この記事も一緒に読まれています

  • お尻ニキビってなぜできるの?気になる原因と治し方を徹底解説!

  • 剥くべき?放置すべき?日焼け後の皮むけの正しい対処法をご紹介!

  • ひざケアしてる?絶対役立つ膝の黒ずみの原因とケア方法をご紹介!

  • 乾燥性敏感肌を最短で改善する正しいスキンケア方法!原因と対策を解説

  • 【元美容部員おすすめ】ボディスクラブの使い方と選び方をご紹介!

  • 【対策法を伝授】セルライトができる5つの原因と改善方法を徹底解説