1. 【公式】シーボディ-SiBody
  2. Beauty Tips Top
  3. ニキビ
  4. 【即効性あり?】ニキビの治し方/おでこ・鼻・頬・顎の赤白ニキビの治し方

【即効性あり?】ニキビの治し方/おでこ・鼻・頬・顎の赤白ニキビの治し方

 2021/11/08 ニキビ
この記事は約 13 分で読めます。

【即効性あり?】ニキビの治し方/おでこ・鼻・頬・顎の赤白ニキビの治し方

おでこニキビの原因と対策について

 

 

おでこニキビの原因

おでこは毛穴の数が多く、皮脂腺が活発な部分です。毛穴の数が多い部分の特徴として「触った時に骨が近い部分」です。その様な部分は肌が薄くうるおいを保つ機能が弱いので、毛穴の数を増やして皮脂を出す事で肌の潤いを保とうとする性質があります。その為、どうしても毛穴に皮脂が溜まりやすく、古い角質と混ざり合い固まってしまう事でニキビが出来やすくなります。また、前髪を下ろしている方は髪の毛に付いた細菌が付着しやすい・蒸れやすい事も重なり繰り返しニキビが出来てしまう方が多いです。コメカミ付近のニキビに関しては頭を良く使う方、考え方が多い方に出来やすいと言う研究結果も出ています。「皮脂=油」ですので、テカリを放置してしまう事で油が固まって頑固にこびり付いてしまい毛穴を塞ぎやすくしてしまいます。

鼻ニキビの原因

鼻もおでこと同様に「触った時に骨が近い部分」になります。ですので、元々毛穴の数が多く皮脂腺が活発な部分です。また、毛穴の大きさも他の部分と比べて大きい為汚れを溜め込みやすくなります。ファンデーションや下地を鼻に付ける際にも、毛穴に埋め込む様に塗る方が多いのでは無いでしょうか。ファンデーションや下地は「油と粉末を混ぜた物」ですので当然時間の経過と共に毛穴の中で固まってしまい、毛穴を塞いでしまいます。そもそもニキビとは、毛穴の中に細菌が入って来た時に肌が正常な状態に戻そうとする事で過剰反応が起きて炎症してしまう現象ですので、毛穴の中を清潔に保つ事が何よりも大切になって来ます。昨今はマスクでの摩擦が起きやすい事からも毛穴の奥に汚れを押し込んでしまう事になり、ニキビを繰り返しやすくする原因になると考えられます。

頬ニキビの原因

頬ニキビの原因として大きいのは「ホルモンバランス・ストレス・食べ物」です。頬にニキビができる時は、疲れている時や生理前、脂っこい食事をした数日後などでは無いでしょうか。特に生理前は普段と比べて黄体ホルモンと言う男性ホルモンに近いホルモンが多く分泌される為、皮脂が出やすくなります。頬の中でもフェイスラインにニキビができやすい方は、ストレスや疲れが大きいかもしれません。フェイスライン付近にはリンパと言われる老廃物を排出する血管が多く流れています。リンパの流れが悪くなる事で老廃物が肌の内部に溜まり、ニキビができやすくなります。食べ物に関しては揚げ物や脂が多い物、人によっては小麦もニキビの原因になりやすいと言われています。

黒ニキビの原因

頬も含めた「顔の下半分」にできるニキビはストレスや食生活の影響が大きいと言われており、リンパの影響も受けやすい事が考えられます。そして、顎も鼻やおでこと同様に「触れた時に骨が近い部分」ですので更にニキビができやすい部分です。また、顎は顔の中でも皮膚が固い部分でも有るので、固くなった皮膚が毛穴を塞ぎ、皮脂が毛穴の外に出るのを邪魔してしまいます。皮膚が固いのでテカっていると感じにくいですが、皮脂分泌が多い部分ですので放置しないようにしましょう。昨今ではマスクで摩擦が加わる事でも更に皮膚が固くなり毛穴が詰まりやすくなってしまいます。人は話す時に顎を動かすので、マスクで一番摩擦が加わりやすい部分が顎になります。小さすぎるマスクは摩擦になるので気を付けましょう。

赤ニキビの原因

基本的に白ニキビの進化した状態が赤ニキビです。白ニキビで溜まってしまった皮脂や角質に細菌が混ざっていた場合に、皮膚は「遺物が入り込んできた」と認識して、アクネ菌と言う「遺物と戦う菌」を分泌し始めます。しかし、このアクネ菌が繁殖してしまう事で肌が耐えられずに炎症を起こしてしまう状態が赤ニキビとなります。つまり、お肌が「遺物と戦っている状態」です。細菌と言うのは、皮膚の表面が皮脂などでべたついてる状態の時に付着しやすく、髪の毛から・空気中の埃から・スマートフォンで電話する時・手で触れた時等、様々な場面から付着する可能性が有ります。細菌が付着してしまい、肌が「遺物が入り込んできた」と認識する前に清潔な状態に戻す事が一番の悪化させない鍵となります。

白ニキビの原因

白ニキビとは、毛穴の中に皮脂や角質が溜まってしまっている状態の事を言います。「皮脂=油」です。油と言うのは酸化して固まるものです。洗い物を放置した時や食べ掛けの煮物を冷蔵庫から出した時に、表面に固まって浮いているのを想像していただけると解りやすいかと思います。そして、皮脂と不要になった角質が混ざって固まったもの、これを「角栓」と言います。角栓が毛穴を塞ぎ、内側から皮脂を外に排出できなかった時に、毛穴の中で分泌された皮脂が溜まってしまい白ニキビと言われるプツプツと膨らんだ状態になってしまいます。これに炎症が起きると赤ニキビ、炎症後に膿んだ状態が黄ニキビ、詰まった角栓が酸化して黒くなると黒ニキビになると言われており、全てのニキビの初期段階です。

思春期ニキビと大人ニキビの違いは?

ニキビの原因は「皮脂の過剰分泌」である。これは共通事項です。なので、思春期ニキビと大人ニキビの違いとしては「何が原因で皮脂分泌が過剰になるか」の違いです。思春期は元々皮脂分泌が活発な時期と言えます。代謝が良く運動する方も多い為、皮膚温が上がり皮脂線が活動しやすい状態になります。大人はと言うと、ストレスや疲れによってホルモンバランスが左右される事で皮脂分泌が過剰になりやすいです。また、思春期と比べて肌の潤いを作り出す「NMF」と言う天然保湿因子が生成されにくくなる事で潤いを保つ機能が低下します。これは15歳から徐々に低下すると言われています。潤いが不足する事でそれを補う為に肌は皮脂を分泌し、なんとか肌表面を守ろうとする。これが大人ニキビの原因になると言えます。

即効性のあるニキビの治し方

おでこニキビの治し方

 

患部を触らない!清潔にしましょう

ニキビは「お肌が遺物と戦っている状態」です。細菌が入り込んでしまう事で肌が「遺物が入ってきた」と反応して炎症を起こす事でニギビを悪化させてしまう大きな原因となります。患部を触る事で細菌が入りやすくしてしまう。また、ただでさえ戦っている状態に刺激が加わる事で、お肌は「もっと戦って治さないと!」と過剰反応してしまい更に炎症を起こして治そうとしてしまいます。「触る」と言うのは指で触れる事はもちろん、髪の毛やスマートフォン、マスク、枕等も「触れる」事になります。日常生活の中で肌に刺激を与えてしまう行動は本当に多々ございますので、ニキビができてしまったら患部に何も触れさせない様に生活の中で徹底していきましょう。

赤ニキビには早めに抗炎症薬を塗布しましょう

お肌が炎症を起こし始めた状態が赤ニキビです。初期段階では「表皮」と言われる肌表面の浅い部分で炎症が起こる事が殆どですが、放置して悪化してしまうと「真皮」と言われる奥深くの部分も炎症を起こしてしまいます。「表皮」のターンオーバーは28日程度と言われていますので痕が残ったとしても治りが早いですが、「真皮」のターンオーバーは1年〜5年とも言われています。真皮にまで炎症が広がってしまうと痕が残り、完治がより遅くなります。早めの段階でに抗炎症薬を使用する事で、炎症を最小限に留める事ができ、ニギビ痕の治りを飛躍的に早くする事が出来ます。赤ニキビに気付いたら、放置せずに出来るだけ炎症が小さいうちに対処しましょう。

早めに皮膚科を受診しましょう

自分の症状に合った薬を選ぶ為には皮膚科を受診する事が一番です。ニキビの薬には、殺菌・炎症や皮脂を抑えるもの・ピーリング作用が有るもの。そして、その刺激の強さも薬によって様々です。肌が薄い方が急にピーリング作用のある強い薬を使用してしまうと、治すどころかより皮膚が薄くなって悪化させてしまいます。また、乾燥によって皮脂分泌が過剰になってしまっている事が原因であれば、皮脂分泌を抑えるよりも保湿をする事で改善する場合も有ります。自分がどのような肌状態と原因を判断する事、更に適切な薬をご自身で選ぶ事は非常に難しい事だと思います。専門家に判断してもらう事で、適切な処置を行い早期に肌状態を改善する事が出来ます。出来るだけ早く受診しましょう。

鎮静効果のある化粧水を使いましょう

「鎮静=炎症を抑える」事を言います。赤ニキビは炎症が起きてしまっている状態、白ニキビはその初期段階と言えます。日頃から炎症を抑える化粧水を使用する事で、赤ニキビを作りにくくする事ができます。また、炎症すると肌が頑張って菌と戦うので皮膚が熱を持ってしまいます。鎮静効果が高い化粧水には肌をクールダウンをさせる為にエタノール等の皮膚温を下げる+毛穴を引き締める効果が高い成分が配合されている事が多いです。毛穴が引き締まる事で皮脂も抑える事が出来ますので白ニキビも作りにくくする事ができます。日頃から皮脂分泌を抑え、炎症を抑える効果があるものを使用する事でニキビ自体ができにくいお肌を作っていく事が可能です。

ニキビが出来にくいお肌を作る方法/日常生活

おでこニキビの原因について

 

食生活の改善/ビタミンB群、アミノ酸(タンパク質)、ミネラル(鉄分)を意識的に摂りましょう

ニキビにとって食生活は大変大きな要因になります。脂っこい食事を避ける事は第一前提として、ビタミン、アミノ酸、鉄粉を取ることを心がけましょう。中でも大切なのはビタミンB群。ビタミンB1には皮脂のバランスをコントロールする効果が有り、豚肉やレバー、マグロに多く含まれます。ビタミンB6にはアミノ酸の再合成を手助けする効果があり、肌はもちろん体の代謝を高めてくれる効果が有り、アボカドやバナナ・豆乳などに多く含まれます。フェイスラインのニキビに悩む方は血行を良くする為に鉄分を取る様に心がけましょう。レバーやプルーン、ほうれん草に多く含まれています。ご自身のニキビの原因に合わせて意識的に食べ物を工夫していきましょう。

十分な睡眠を取りましょう

肌が代謝を行う上で、睡眠はとても重要な鍵となります。代謝が正常に行われる事で、肌の中で必要な潤いを作り出す事が出来るうえ、ニギビ痕を含む不要な角質を排出する手助けをしてくれます。逆に、古い角質が溜まってしまう事で皮膚が厚くなり、毛穴を塞いでしまう事もニキビの原因となります。代謝を促す為に必要な「成長ホルモン」と言うのは寝ている間に作られる為、十分な睡眠を取る事が大切です。よく肌のゴールデンタイムは22:00〜2:00と言われていますが、実は成長ホルモンは就寝後90分から4時間の間に作られると言われています。時間帯に囚われずに4時間以上、質の高い睡眠を取る事を心掛けましょう。睡眠の質を高める為に、湯船に浸かったり温かい飲み物を就寝前に飲む事もお勧めです。

紫外線対策はしっかり行いましょう

肌の老化の原因の80%が紫外線。20%が加齢と言われています。ひと昔前と比べて現在はオゾン層の破壊も進み紫外線量が増加していると言われていますので、紫外線対策は一年中行う事が大切です。日常で受ける紫外線は紫外線A派とB派の2種類に分かれており、A派=肌の深部にまで届きコラーゲンやヒアルロン酸などの肌の土台部分を破壊していく紫外線。B派=メラニンの生成を促しシミを作り出す。また、肌の色を黒くする紫外線と言われています。土台が破壊されても肌の機能が低下してしまいますし、メラニンが作られる事でニギビ痕がシミに変化してしまう事も有ります。日焼け止めではA派はPA、B派はSPFとして表記されています。SPFは1あたり20分守ってくれると言う意味ですので、ご自身のライフスタイルに合わせてどの位紫外線を浴びるのかを目安に日焼け止めを選びましょう。

通気性の良いマスクを使いましょう

マスクを着用する事で、マスクの内部は常に湿度が高い状態となります。お風呂を想像してみて下さい。お風呂上がりは肌が乾燥しますよね。そして、湿度が高い事でカビ(菌)等が繁殖しやすくなります。マスクを常に付けていると言う事は、洗顔等はせずに1日に何時間もお風呂に入っている事と同じです。乾燥する上に菌が繁殖してしまう事が想像出来ますね。そして、呼吸をする事で皮膚温が上がるので更に皮脂分泌を促してしまいます。通気性の高いマスクを着用する事で蒸気を逃し、皮膚温を正常に保つ事で乾燥や菌の繁殖、皮脂分泌を整える事に繋がります。感染対策上難しい場合も有りますが、人と話す機会が少ない時はマスクを変えてみる等シチュエーションによって使い分ける事も大切かと思います。

ニキビが出来にくいお肌を作る方法/スキンケア

肌のくすみ

 

角質ケアを行いましょう

不要な角質を取り除く為には洗顔がとても大切です。肌は潤いを作り出す事は出来ますが、不要なものを取り除く機能は付いていません。私達が手作業で行うしか無いのです。古い角質が溜まることで角栓の原因になったり、皮膚が厚くなりニキビの原因となります。一般的にはクレンジング=脂汚れを落とす。洗顔=角質汚れを落とすと言われています。洗顔料は、よく泡立った状態で使用する事で泡が弾ける時に不要な角質や汚れを吸収するので必ずよく泡立てて使用しましょう。また、泡立った状態であれば肌の上に泡を乗せるだけで効果が有りますのでゴシゴシ擦る必要は有りません。30秒を目安に肌の上で泡を転がすイメージで洗顔を行いましょう。それでも肌の硬さが気になる場合はAHA入り等ピーリング効果がある洗顔料を取り入れてみると良いと思います。

保湿ケアを行いましょう

肌が潤いで満たされている事でバリア機能が整い、あらゆる刺激から肌を守る事ができます。水分と皮脂の分泌が適切な状態を保つ事で天然の保湿クリームと言われる皮脂膜と言う肌を守る膜が形成されます。しかし、湿度60%以下になると肌から水分が奪われていくと言われており、冬場の平均湿度は30%とも言われています。角層と言う0.2ミリの厚さに水分を十分に蓄える事は非常に難しい事なのです。朝のケアは日中の環境から肌を守る為に。夜のケアは1日のダメージを修復する為に。保湿ケアを行う事で肌が自ら守る力を高めて良い肌状態を保ちましょう。保湿されている合図として、化粧水は手が肌に吸い付く感覚が有り少しひんやり感じる位を目安に丁寧に入れ込みましょう。

鎮静効果の高い化粧水を使いましょう

「鎮静=炎症を抑える」事を言います。赤ニキビは炎症が起きてしまっている状態、白ニキビはその初期段階と言えます。日頃から炎症を抑える化粧水を使用する事で、赤ニキビを作りにくくする事ができます。また、炎症すると肌が頑張って菌と戦うので皮膚が熱を持ってしまいます。鎮静効果が高い化粧水には肌をクールダウンをさせる為にエタノール等の皮膚温を下げる+毛穴を引き締める効果が高い成分が配合されている事が多いです。毛穴が引き締まる事で皮脂も抑える事が出来ますので白ニキビも作りにくくする事ができます。日頃から皮脂分泌を抑え、炎症を抑える効果があるものを使用する事でニキビ自体ができにくいお肌を作っていく事が可能です。

皮脂分泌を抑制しましょう/ビタミンC配合のスキンケア

ビタミンCには様々な美肌効果が有ります。メラニンの生成を抑制する美白効果が代表的で、ニキビ痕を治す事にも繋がります。また、殺菌や皮脂分泌を抑える効果も有りますのでニキビに悩む方には非常に有効なビタミンと言えます。ビタミンCは水に馴染みやすい為、化粧水や美容液に高配合される事が多いです。純度が高い物ほど分解されるのが早い為、補完する際には酸素に触れない様に注意しましょう。勿体無いからと使用頻度を下げたり小量ずつ使用してしまうとどんどん効果が下がってしまうので、純度が高いビタミンCの美容液を使う際には集中して適量を毎日使用する事をお勧めします。1回分ずつ小分けされているものに関しては無理して早く使う必要は有りません。

コンコメドジェニックのものを使いましょう

コメドとは白ニキビの原因となる角栓の事を言います。肌表面に油分が残りやすい。油分の分子が大きいものはコメドができやすいと言えます。ノンコメドジェニックと言う表記があるものは、何人もの肌で実験し症例を重ねた上で
コメドができにくいと証明されたものと言う証です。なので、ノンコメドジェニックの表記があるものを選ぶ事で必然的にニキビができにくい化粧品を選ぶ事が出来ます。化粧品業界から認定されたと言う事なので、食べ物で言う「トクホ」のようなものですね。白ニキビは全てのニキビの初期段階なので、これができないようにする事がニキビレスの肌作りへの一歩と言えます。

メイクや汚れがしっかり落とせるクレンジングを使いましょう

前述の通り、肌には不要なものを自ら排除する機能は付いていません。皮脂がニキビの原因になる事をご説明してきましたが、ファンデーションや下地も「油と粉体を混ぜ合わせたもの」ですので、きちんと落とさずに残ってしまうとニキビの原因になります。キッチン掃除の際に「油汚れは油で落とす」と言う言葉が有るように、油分の配合量が多いものの方が洗浄力が高いです。オイル・バーム>クリーム>ミルク>ローション。と言う順です。ただ、洗浄力が高い物ほど肌の必要な潤いも奪ってしまう事になるのでご自身の肌状態に合ったものを選びましょう。また、拭き取りタイプのクレンジングでは肌のキメや毛穴に入り込んだ汚れを落としきれないだけでなく、摩擦で肌を傷つける上に汚れを押し込んでしまう事があるので必ず洗い流すタイプのものを使用して日々の汚れをリセットしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の注目記事を受け取ろう

おでこニキビの原因と対策について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

美容ライター・専門家紹介

編集部

編集部




シーボディは、1990年に日本で創立され30年近くにわたり、日本発のボディケアブランドとしてパイオニアの「イルコルポ」をはじめ、スキンケア・ヘアケアにいたるまでのビューティプロダクツを生み出してきました。お客様に長く愛される商品を目指し、科学的根拠のある成分にこだわり、使い心地がよく、確かな実感とともに気持ちが豊かになるような商品づくりを行っています。「SiBODY Beauty Tips」では、より効果的に気持ち良く商品を使うための正しい使い方や、お悩みの解決方法、知って得する美容法や美容成分など、商品だけではお伝えしきれていなかったキレイのヒントをお届けします。

 美容ライター・専門家一覧

この記事も一緒に読まれています

  • ホルモンバランスが関係?生理前に肌荒れする原因と正しい対策方法

  • 【おでこニキビの治し方】繰り返すおでこニキビの原因と対策

  • お尻ニキビってなぜできるの?気になる原因と治し方を徹底解説!

  • 【背中ニキビの原因と対策】気になる背中ニキビに効果的なケアと対処法

  • 脇ニキビの原因は?繰り返さないための正しい対処法と自宅ケア方法

  • あごニキビの原因は?気をつけるべき食べ物と顎ニキビの予防と対策