sibody
  1. 【公式】シーボディ-SiBody
  2. Beauty Tips Top
  3. スキンケア
  4. 【口周りニキビの原因と対策】口周りニキビに効果的な食べ物や習慣とは

【口周りニキビの原因と対策】口周りニキビに効果的な食べ物や習慣とは

 2019/02/07 スキンケア
この記事は約 9 分で読めます。

メイクの時も、食事の時にも気になる口周りのニキビ。

できてしまうと、とっても憂鬱ですよね。私自身も口周りのニキビにはずっと悩まされてきました。そこで、いろいろ調べてみたところ、口周りのニキビには特有の理由があるということがわかったのです!

この記事では、そんな口周りのニキビ対策に効果的な食べ物や生活習慣についてご紹介していこうと思います。

 

口周りにニキビができる原因

そもそもなぜ、口周りにニキビができてしまうのでしょうか。まずはその原因についてみていきます。

 

ストレス

ストレスが体に悪いということは良く知られていますが、実はニキビにも悪影響を与えます。精神的な疲れがたまることで自律神経が乱れ、そのせいで皮脂分泌が過剰になることがあるのだとか。過剰な皮脂の分泌は、肌トラブルやニキビを引き起こす原因となってしまいます。

 

洗い残し

肌に残った洗顔料やクレンジング剤が、ニキビの原因になる場合があります。

急いでいると、ついつい洗顔のすすぎが雑になってしまいますよね。特に、顎のあたりは洗い残してしまいやすい部分です。口周りのニキビができやすい、と感じている人は、顔のすすぎ方に気をつけることも大切です。

 

肌への刺激

頬杖をつく、あるいは髪の毛が顔にかかるような髪型をしている方は要注意です。顔に何かが当たることで、それが刺激となりニキビができている可能性があります。

また、マフラーやタートルネックなどの刺激も、敏感になっている顎や口周りには刺激になることがあるのだとか!肌のためには、できるだけ顔に刺激を与えない工夫しましょう。

 

胃腸の疲れ

胃腸機能が弱っている時は、口周りにニキビができやすくなるのだそうです。

暴飲暴食やバランスの悪い食事は、肌のためにも避けたいところ。口周りにニキビができてしまったら、自分の食生活を振り返ってみたほうが良いかもしれません。

また、腸内環境の状態も肌には影響します。ヨーグルトや発酵食品は日ごろから積極的に摂取するのがおすすめです。

 

【ニキビの部位別】ニキビができる原因

口周りのニキビに原因があるように、他の部位にできるニキビにもそれぞれ原因が存在します。ここでは、それらの原因と部位別ケア方法についてご紹介します。

 

頬のニキビは、乾燥によるバリア機能の低下やホルモンバランスの乱れ、髪の毛による刺激など外的要因によって起こります。頬は皮脂の分泌量が少ない部位のため、思春期にはニキビができにくい場所ですが、乾燥しやすい大人肌にはできやすくなってしまうのだとか。また、ホルモンバランス消化器系の不調なども大きく関わっています。

この部位のニキビ対策としては、生活習慣の見直しが大切!また、頬に刺激を与えないように、寝具やメイク道具を清潔に保つことも必要です。

 

眉間

眉間のニキビって特に嫌ですよね。一度できてしまうと目立つし、悪化しやすいという嫌な特徴があります。

眉間はいわゆるTゾーンにあるため、顔の中でもとくに皮脂分泌が活発で特に思春期ニキビができやすい部位です。また、大人であっても肝機能の低下などが原因で、眉間にニキビができることがあるのだそうです。

また、前髪の刺激や触りすぎることで、さらに炎症が悪化することがあるので注意!

眉間にニキビができてしまったら、皮脂バランスを整える効果のある「ミネラル」や「ビタミン」を含む食材を積極的に摂るのがおすすめです。

 

顎のニキビは口周りにできるニキビの中でも、特に大人ができやすい部位です。

前述したとおり、顎をはじめとする口周りのニキビにはさまざまな要因が関わっています。その中でも特に影響を受けやすいのは、ホルモンバランスの乱れなのだとか!ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活習慣やストレスを溜めないよう心掛けることが大切です。

 

口周りのニキビに効果的な食べ物

つづいて、口周りのニキビに効果的な食べ物をご紹介します。ニキビの改善のためには、食生活のバランスが非常に重要です。これからご紹介する食材を参考に、献立に取り入れてみてくださいね。

 

ビタミンB群

肌荒れやニキビに悩んでいる方に、まず摂ってほしい栄養素が「ビタミンB群」です。

ビタミンB群は、皮膚細胞の再生促進や皮膚の炎症を防ぐ効果があるため、ニキビの改善には欠かせません。

ビタミンB群の多く含まれる食材は「卵」「納豆」「レバー」「マグロ・鮭」「胚芽米」など。とくに胚芽米は、毎日の食事に取り入れやすいのでおすすめです。

 

タンパク質

皮膚の再生のためには、原料となるタンパク質をしっかり摂取することも大切です。

良質なタンパク質を摂ることで皮膚細胞にハリを与え、コラーゲンの生成や代謝を促すことができます。

タンパク質を摂取するのにおすすめなのは「豚肉の赤身」や「鳥の手羽先・手羽元」。また「乳製品」「大豆製品」「卵」などからバランスよく摂取すると良いそうです。

 

ビタミンA・C・E

ビタミンB群以外のビタミン類も、ニキビや吹き出物のケアに効果を発揮します。

 

【ビタミンA】

皮膚や粘膜を健康に保つ効果があります。

多く含まれる食材は「にんじん」「レバー類」。毎日の料理は大変、という場合は野菜ジュースにするのもおすすめですよ。

 

【ビタミンC】

美肌や美白成分として知られるビタミンC。もちろんニキビケアにも効果的なのだとか。

その理由はコラーゲンの生成を助け、肌のハリや新陳代謝を高めてくれるからです。

ビタミンCは、果物や緑黄色野菜から簡単に摂取することができます。ただし熱には弱いため、なるべく生で食べることをおすすめします。

 

【ビタミンE】

ビタミンEは抗酸化作用があり、そのため肌細胞の機能低下を防いでくれる働きがあります。ニキビ予防や悪化防止のためにも、ビタミンEで肌機能を向上させましょう。

ビタミンEを多く含むのは「ナッツ類」「うなぎ」「ゴマ」「カツオ」などです。

 

口周りのニキビの改善に効果がある生活習慣

食生活での対策のあとには、生活習慣を見直すことも忘れてはいけません。とくに、ニキビ改善のために気をつけたいポイントを見ていきましょう。

 

やさしくスキンケア

ニキビができている肌は非常に敏感になっています。そのため、洗顔やスキンケアはやさしく行うことが大切です。

顔を洗うときは、角質を傷つけないようたっぷりの泡で洗いましょう。そうすることで、肌の皮脂を取り過ぎることなく、汚れを落とすことができます。そして、洗い残してしまわないように、すすぎをしっかり行うことも大切です。

その後のスキンケアでは、化粧水でたっぷりと保湿し、乳液まできちんとつけることが大事なのだそうです。乾燥でニキビを悪化させないように、丁寧なスキンケアでお肌をいたわりましょう。

 

ストレスを溜めない

ストレスは、ホルモンバランスや肌のターンオーバーを乱す原因になります。

ニキビを悪化させないためにも、なるべくストレスを溜めない生活を心掛けましょう。

お肌のためには、自分自身をいたわることも大切なようです。

 

胃腸に優しい食事

飲み会ではしゃいだ朝や、油ものを摂った翌日などはニキビが悪化しがちですよね。

暴飲暴食で胃腸に負担がかかることで消化不良が起き、肌荒れの原因になってしまのだそう。ニキビを作らないためには、胃腸に優しい食事を心掛けましょう。肉類や揚げ物を摂りすぎている、と感じたら魚や豆腐中心の献立に切り替えるなど、普段から食事バランスを意識することが大切です。

 

良質な睡眠

「睡眠不足のときにニキビが悪化する」という方は多いのではないでしょうか。それは、規則正しく睡眠をとっていないと、肌細胞を修復する機能を持つ「成長ホルモン」のバランスが崩れ、肌が荒れやすくなるからなのだそうです。

傷ついた肌を修復するためにも、夜はしっかり寝ることが大切です。また、質の良い睡眠をとるためには、寝る前のスマホ操作は避けたほうが無難です。

 

口周りのニキビにおすすめのスキンケア

口周りのニキビの改善には、食事や生活習慣の見直しがとても大切です。しかし、それだけではちょっぴり不安ですよね。より効果の高いニキビ対策を目指すためには、ニキビ専用の化粧品でのケアを同時に行うことをおすすめします!

 

薬用VC泡フォーマー

シーボディVCシリーズ 薬用VC泡フォーマー(医薬部外品)|150ml 3,200円(税抜)】

ニキビ予防や改善に効果の高い「ビタミンC誘導体」をたっぷり配合した、泡タイプの洗顔フォームです。キメの細かい泡が簡単に作れるので、優しく顔の汚れを落とすことができます。薬用成分「イソプロピルメチルフェノール」が毛穴の奥まで作用し、ニキビの原因「アクネ菌」をしっかり殺菌します。

大人ニキビはもちろん、思春期ニキビにもおすすめの洗顔料です。

 

VCローション

シーボディVCシリーズ VCローション|150ml 8,000円(税抜)】

「浸透型ビタミンC誘導体」はもちろん、毛穴トラブルに効果の高い「高機能ビタミンA・E誘導体」も配合されたハイスペックの化粧水。

さっぱりとしたテクスチャーなので、べたつかず肌を保湿することができます。毛穴をひきしめつつニキビの炎症に作用し、さらにはこれからできそうなニキビの予防まで。「無香料」「無着色」「パラベンフリー」などの低刺激処方なので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

 

薬用VCエッセンス

シーボディVCシリーズ 薬用VCエッセンス(医薬部外品)|30ml 6,000円(税抜)】

ニキビ肌用の薬用美容液です。「ビタミンC誘導体」ができてしまったニキビを修復。さらに「プラセンタ」がターンオーバーを促進し、はちみつが肌を乾燥から守ります。

また「ビタミンA・E」「4種の植物エキス」などが肌を整えるのと同時に、薬用成分「イソプロピルメチルフェノール」と「グリチルリチン酸ジカリウム」がニキビを改善してくれます。

豊富な有効成分がたっぷり含まれている美容液ですが、着色料やパラベン、アルコールなどの添加物は一切フリー。安心の低刺激処方です。

 

「徹底的なニキビ対策でニキビを撲滅しよう」

口周りにニキビがある状態では気分も後ろ向きになりがち。

お肌のお手入れさえ、億劫になってしまいます。ニキビ肌を改善するためには、生活習慣の見直しやニキビケアアイテムでの対策が必要です。

効果の高いニキビケア商品を選ぶポイントは、「ビタミンC」が配合されているものや「医薬部外品」の記載のあるものを選ぶこと。お気に入りのケアアイテムが見つかれば、きっとスキンケアの時間も楽しくなるはず!

しかし炎症がひどく、セルフケアでは改善が見られない場合は、専門皮膚科や美容皮膚科で治療を受けるという方法もあります。なかなか治らないニキビは、専門医への相談も考えたほうが良いでしょう。

自分の症状に合わせた対策で、ニキビの撲滅を目指してくださいね。

 

まとめ
  • 口周りのニキビには、ストレスや食生活、外部刺激などの要因が関わっている
  • ニキビができる部位によって、原因や対策が異なることも
  • 口周りのニキビ改善のためには、生活習慣の見直しや食べ物での栄養摂取が有効
  • ニキビケアの効果を上げるためには、適したスキンケアアイテムを取り入れよう

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットや美容を応援する【SiBODY Beauty Tips】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

美容ライター・専門家紹介

小野塚 晴子

小野塚 晴子

美容と健康を愛する美容ライターです。
化粧品は、プチプラからデパコスまで評判の良いものは何でも自分で試してみたいタイプです。
最近はミネラルコスメにも興味あり、健康的な美を維持することが目標です。
誰でも気軽に試せる等身大の美容情報を発信していきます!

 美容ライター・専門家一覧

この記事も一緒に読まれています

  • 【市販プチプラからデパートコスメ】敏感肌におすすめの化粧品5選

  • 【必見】肌を白くする方法!美肌を手に入れるためにやるべき9の方法

  • 「美白に効果のある成分を徹底リサーチ!1番効果のある美白成分とは?」

  • おでこニキビが大量にできる原因はストレス?対策と予防法を解説!

  • 【大人ニキビから思春期ニキビまで】頬ニキビの原因と予防ケア対策!

  • あごニキビの原因は?気をつけるべき食べ物と顎ニキビの予防と対策